« まぁ中日新聞のご意見もごもっともなんですが、一部サヨクを中心に国旗国歌を敬わない勢力がいますので致し方ありませんね | トップページ | 橋下市長、そもそも間違ったことは言っていませんので、特に罵倒されるようなことはあろうはずもありません »

2013/06/16

統一球の説明、何を言っているのかさっぱりわかりませんね

下限の説明、いい加減にしてくれ(笑
統一球で「中国産」リスクにはまったミズノ 反発力数値が下ブレ - スポーツ - ZAKZAK

統一球で「中国産」リスクにはまったミズノ 反発力数値が下ブレ - スポーツ - ZAKZAK

2013.06.16

 14日の12球団代表者会議で、統一球改造問題に関する第三者委員会新設を決定。7月10日のオーナー会議(宮内義彦議長=オリックスオーナー)までに調査報告されることになった。

          ◇

 今回の代表者会議では初めて、統一球の反発力係数の検査結果も12球団と報道陣に公開された。その数値は目を疑うべきものだ。

 統一球は2011年の導入以来9度にわたり、各球団の本拠地6球場で使用されていたものが抜き打ちで選ばれ、反発力をチェックされてきた。

 昨年までの“旧統一球”では、アグリーメントで定められた基準値下限の0・4134を、平均値で上回ったことは1度もなし。つまり一貫して、想定より飛ばなすぎるボールだったのだ。一昨年10月には0・405、昨年8月も0・406という低さだった。

 だが今季開幕に“新統一球”にすり替えられてからは、4、6月のいずれも0・416と基準値の間に収まっている。

 NPBの井原敦事務局次長は会見で、「(製造元のミズノは)0・4134を中軸として、上下にバッファー(許容できる誤差)を置いているわけだが、そこをポイントに狙っていくと、結果、下ブレの部分が多かった。検証する中で、この方式だと厳しいというデータが出た」と説明。今季から目標とするポイントを0・415~0・416に改めることとなった。

 ミズノの技術力は世界的にも高く評価され、同社関係者も「大リーグの公式球よりバラツキはずっと少ない」と胸を張っていた。統一球の導入に際しても、綿密なテストを繰り返したうえでゴーサインを出したはず。なぜ“下ブレ”ばかりが生じる事態を招いたのか。

 複数の関係者が指摘するのは、大量生産に伴ってコストを下げるため、生産地を日本から中国に変えた点。あわせて牛革やウール材も日本産から中国産に変更した。国産をやめて精度が下がったとすれば、ミズノは“チャイナリスク”にはまったことになる。

 定評があった技術力の看板に傷がつき、将来的な統一球の受注にもリスクが発生。会見は株式市場が閉じた直後の午後3時15分から行われたが、週明けのミズノの株価はどう動くのか。


下限の下にバッファをおいたらあかんやろw 下限にならへんわw

それと、中国に作らせたから品質がーーーなんて書いているけれど、そうじゃなくて完成品をちゃんとチェックして下限を満足させていない=規定外のボールだって知っていたんでしょ?なんでそんなもんを使うの?

これはわかった上でNBPもミズノも(その他の関係者も)やってたってことにしかなりませんよ。確信犯です。国際球は飛ばない、じゃぁ日本も飛ばないようにしろ!なんて指示がどこからか来て、規定も下回っているけれどとにかく飛ばなくなっているんだからOKだ!っていう判断をしていたとしか思えませんね。

知らなかったとか実は事前に報告されていたとか報道されている某コミッショナーとか、即刻クビでしょう。選手をなんだと思っているんでしょうねぇ。記録のこともあるのに…。
 


↓新しい日本語だな⇒下限のバッファ と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« まぁ中日新聞のご意見もごもっともなんですが、一部サヨクを中心に国旗国歌を敬わない勢力がいますので致し方ありませんね | トップページ | 橋下市長、そもそも間違ったことは言っていませんので、特に罵倒されるようなことはあろうはずもありません »

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 統一球の説明、何を言っているのかさっぱりわかりませんね:

« まぁ中日新聞のご意見もごもっともなんですが、一部サヨクを中心に国旗国歌を敬わない勢力がいますので致し方ありませんね | トップページ | 橋下市長、そもそも間違ったことは言っていませんので、特に罵倒されるようなことはあろうはずもありません »