« ボツワナ大統領の認識に誤認識があるようです | トップページ | まさか建設業よりもコンビニ店員が高給とかありえないですよね? »

2013/06/02

三安打ではそうそう勝てないでしょう

5連敗か…。今シーズンのノルマは開幕から首位をずっとキープなんだけどなぁ…
Yomiuri Giants Official Web Site:6月2日 対西 武3回戦・西武ドーム

Yomiuri Giants Official Web Site:6月2日 対西 武3回戦・西武ドーム

八回の反撃も及ばず5連敗で首位陥落

 ここまで2勝0敗と相性の良い埼玉西武ライオンズとの3回戦。先発の内海は、三回に2点の先制を許すと、五回には味方の失策もあって1点を失い、5回途中3失点で降板となってしまう。七回まで1安打に封じ込まれていた打線は、八回に1点を返したものの、反撃はここまで。ジャイアンツは5連敗となり、開幕から守ってきた首位の座から転落してしまった。

 先発の内海は、一回、二死からヒットと四球でピンチを招いたが、後続を断って無失点で切り抜けた。二回は下位打線を三者凡退に封じ込めた。

 一、二回を三者凡退に抑えられていた打線は三回、一死からロペスがチーム初ヒットを放ち出塁すると、寺内が送りバントを決めてチャンスメーク。坂本の四球で、二死一、二塁としたが、松本哲が中堅フライに倒れ、先制のチャンスをものにできなかった。

 その裏、内海は先頭の熊代にヒットを打たれると、内野ゴロと外野フライで進塁を許し二死三塁とされる。この場面で栗山に右翼にタイムリーヒットを許し、先制されてしまう。さらに、ヘルマンにもタイムリーヒットを打たれて2点目を奪われた。

 内海は四回を無失点で抑えたが、五回につかまる。失策で無死二塁のピンチを背負うと、送りバントで進塁を許し、一死三塁に。内海は、二死までこぎつけるが、浅村に中堅へのタイムリーヒットを打たれ、リードを3点に広げられてしまう。続くヘルマンに二塁打を浴びたところで内海は降板。二死二、三塁のピンチでの登板した2番手の笠原は、代打・大崎を内野ゴロに打ち取った。

 一方の打線は、七回、一死から亀井が左中間方向へ鋭い打球を放ったが、左翼手・栗山の好守に阻まれ、反撃の芽を摘まれてしまう。

 笠原は、七回二死まで投げ、ヒット1本に抑える好リリーフを見せた。七回二死から登板した青木は、3番・栗山から三振を奪い、しっかり役目を果たした。

 0対3で迎えた八回表、ジャイアンツ打線がようやく繋がる。先頭のロペスがチーム5イニング振りのヒットで出塁すると、続く寺内の代打・立岡も中堅へのヒットを放つ。さらに坂本の右翼フライの間にロペスが三塁に進み、一死一、三塁とすると、続く松本哲の代打・小笠原は死球を食らい、一死満塁と絶好のチャンス。長野の一塁ゴロの間に三塁ランナーのロペスが生還し、ようやく1点を返す。なおも二死一、三塁のチャンスで、続く阿部は左翼へ大きなフライを放つが、惜しくもキャッチされ、追加点を奪うことはできなかった。

 2点差に詰め寄ったジャイアンツだったが、その直後に再び突き放される。4番手の香月が、先頭の浅村に中堅の前に打球を運ばれると、長野が打球を取りそこねて三塁打に。ここでヘルマンにこの日2本目のタイムリーを打たれてしまう。その後も二死三塁のピンチを背負うと、炭谷にタイムリーを許し、リードを4点に広げられてしまった。 
 
 九回表は、5番・石井からの攻撃だったが、十亀の前に三者凡退に終わり、試合終了。ジャイアンツは5連敗となり、開幕から守ってきた首位の座から転落してしまった。


なんというか、5連敗の元凶は打線でしょうね。
 


↓菅野や内海でも勝てないんだな… と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« ボツワナ大統領の認識に誤認識があるようです | トップページ | まさか建設業よりもコンビニ店員が高給とかありえないですよね? »

ジャイアンツ2013」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三安打ではそうそう勝てないでしょう:

« ボツワナ大統領の認識に誤認識があるようです | トップページ | まさか建設業よりもコンビニ店員が高給とかありえないですよね? »