« ご飯のお供はなんですか? | トップページ | まさかこんな日が来ようとは、思ってもみませんでした… »

2013/06/12

このような快勝は久しぶりです♪ ヒロインはまったく盛り上がりませんでしたがねw

終盤の怒涛の攻撃でしたねぇ♪
Yomiuri Giants Official Web Site:6月12日 対オリックス3回戦・京セラドーム

Yomiuri Giants Official Web Site:6月12日 対オリックス3回戦・京セラドーム

16安打浴びせオリックスに快勝! 長野は9号ソロなど4安打

 京セラドーム大阪で行われたオリックスバッファローズとの3回戦。巨人は、打線が計16安打の猛攻でオリックス投手陣を圧倒。中でもこの日1番に復帰した長野は、9号ソロを含む4安打と大暴れした。投げては、先発・杉内が6回途中でマウンドを降りた後、リリーフ陣が無失点でつなぎ、7対1で快勝した。杉内は5勝目。巨人はオリックスとの対戦成績を2勝1分けとした。

 オリックス先発は松葉。左腕同士の投げ合いとなった。

 巨人は二回、先頭のボウカーが左翼線への二塁打を放ち、初回に続いてチャンス。ここで矢野が右翼線にタイムリーヒットを放ち、幸先よく1点を先制した。

 先発の杉内は、初回を三者凡退に切って取り、上々の立ち上がり。二回から四回までは毎回二塁まで走者を進めたが、後続を断ち、得点は許さなかった。

 打線は五回、再び松葉を攻め立てる。先頭の8番・亀井が右翼フェンス直撃の二塁打を放つと、9番・村田も右翼へのヒットで続き、無死一、三塁。ここで、長野が前進守備の二遊間を破るタイムリーヒット。下位打線からの3連打で2点目を奪った。

 しかし直後の五回裏、杉内は死球と送りバントで一死二塁のピンチを背負うと、坂口にタイムリー三塁打を許し、1点差に詰め寄られる。

 続く六回、杉内が一死から5番・糸井に四球を与えたところで、原監督は杉内の交代を決断。代わって登板した2番手のマシソンは、後続の高橋信、山本を抑える好リリーフを見せた。

 七回、この回から登板したオリックス2番手・比嘉から、長野が9号ソロホームランを中堅スタンドに叩き込み、リードを再び2点に広げた。

 その裏、前の回から続投したマシソンが一死二塁のピンチを背負ったところで、3番手・山口が登板。山口は代打・伊藤を外野フライに打ち取り、ピンチを脱した。

 2点リードで迎えた八回、無死からロペスとボウカーの2者連続ヒットが飛び出す。さらに一死後、亀井が四球を選び、一死満塁。村田が三振に倒れた後、長野がこの日4安打目となるタイムリーヒットを左翼へ放ち、4点目を挙げた。

 九回も打線は攻撃の手を緩めず、オリックス4番手のミンチェに襲い掛かる。坂本の二塁打、阿部の四球などで一死二、三塁とすると、代打・小笠原の打球は中堅の前に落ちる2点タイムリーヒット。さらに続く石井のヒットでチャンスを広げ、亀井が犠牲フライを放ち、この回3点目を奪って試合を決定付けた。

 その裏は、八回途中から登板した西村が三者凡退に抑え、7対1で試合終了。巨人は交流戦成績を10勝10敗1分の五分に戻した。


杉内はコントロールがなぁ…。いい球と悪い球の差が激しかったような…。あそこが目いっぱいだってでしょうね。マシソン、山口と揃っていますし、青木もいいですからね。

効果的?に加点した打線も良かったです。何と言っても今日は長野様。一人で4安打1HR3打点。これでなんとかいい時の感覚を取り戻してくれればいいのですがねぇ。今日は、空振りも少し違ったような感じがしました。迷った空振りではなく、完全に打ちにいったというか、そういう思い切りの良い空振りのように見えましたね。

ボウちゃんも2安打ですし、タカヒロのあの三塁への走塁も見事だったし、坂本も2安打だし、石井もヒット打ったし、極めつけは

ガッツ、ハニカミタイムリー♪

でしょうね。ごっつあんですタイムリーとも言えますw こういうのがあるってのが、調子がいい証拠なのでしょうか。

ま、快勝です。明日も快勝よろしくです。
 


↓フランケンにセーブがついてよかった と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« ご飯のお供はなんですか? | トップページ | まさかこんな日が来ようとは、思ってもみませんでした… »

ジャイアンツ2013」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: このような快勝は久しぶりです♪ ヒロインはまったく盛り上がりませんでしたがねw:

« ご飯のお供はなんですか? | トップページ | まさかこんな日が来ようとは、思ってもみませんでした… »