« この試合は守備で負けたような…、しかし内海が7失点とは… | トップページ | 祖国なんだから友達くらいすぐにできますよ、問題ありません »

2013/05/20

貧打に泣く日々が続きますね

そういう流れの時期もあるとはいえ、悔しいですね…
Yomiuri Giants Official Web Site:5月20日 対日本ハム2回戦・札幌ドーム

Yomiuri Giants Official Web Site:5月20日 対日本ハム2回戦・札幌ドーム

杉内が好投も、打線が援護できず2連敗

 札幌ドームで行われた北海道日本ハムファイターズとの2回戦。巨人打線は三回まで日本ハム先発・木佐貫に抑えられていたが、四回に坂本のタイムリー二塁打で先制する。一方の杉内は五回まで被安打1と快投を続けていたが、六回にタイムリーヒット、七回にソロホームランを浴び逆転を許してしまう。何とか奮起したいジャイアンツ打線だったが、日本ハムの投手リレーの前に得点は奪えず。1対2で敗れ、日本ハムに相手に2連敗となった。

 一、二回は両先発が二塁を踏ませない好投を見せ、無得点のまま試合が進む。

 三回、一死から小笠原が遊撃に内野安打を放ち出塁。しかし、続く藤村が空振り三振に倒れ、スタートを切っていた小笠原も二塁でタッチアウト。先制点を奪うことはできなかった。

 その裏、杉内はこの日初めて日本ハム打線を三者凡退に抑える。

 四回、ついにジャイアンツ打線がつながる。先頭の長野が中堅へのヒットで塁に出ると、送りバントで二塁へ。さらに坂本の打席で木佐貫が暴投し、一死三塁と先制のチャンス。ここで坂本が左翼にタイムリー二塁打を放ち、巨人が先制に成功した。さらに二死三塁とするも、ロペスの打球は中堅・陽のファインプレーに阻まれ、追加点とはならなかった。

 杉内は四、五回も三者凡退とし、日本ハムにつけ入る隙を与えない。

 六回、二死から坂本の振り逃げと阿部の故意四球で二死一、二塁とする。しかしロペスが空振り三振に抑えられ、この回のチャンスを生かすことはできなかった。

 ここまで好投を続けてきた杉内だったが、六回に日本ハム打線につかまる。先頭の鶴岡にヒットを許すと、送りバントを決められこの日初めて得点圏に走者を背負う。すると続く陽にタイムリーヒットを打たれ、同点に追い付かれた。さらに七回には、大引にソロホームランを浴び、勝ち越されてしまう。

 なんとか追い付き、追い越したい巨人は八回、松本哲が二塁内野安打を放ち出塁。しかし後続が倒れ、得点を奪えない。

 杉内は八回のマウンドにも立つ。2三振を奪うなどファイターズ打線を三者凡退に抑え、九回の攻撃に向けて良い流れをつくる。

 九回、巨人は日本ハム3番手の武田久を攻め立てる。亀井がヒットを放つと、亀井の代走・鈴木が二盗を決め二死二塁とする。さらに藤村の代打・石井が四球で続き、二死一、二塁と一打逆転のチャンス。しかし、長野が遊撃ゴロに倒れ、ゲームセット。日本ハムに2連敗を喫した。


しかも、今日は投手が抑えていただけにねぇ…。杉内もさぞ悔しいでしょう。大引のソロHRが悔やまれます。長野様の不調が痛いですね。本人も苦しんでいることでしょう。早く復調して、塁上を駆け巡ってください。

( ´ー`)y―┛~~

タカヒロの盗塁はさすがですね。アウトになればゲームセットの場面でサイン?自己判断?どちらにせよ、崖っぷちの状況で成功は素晴らしいです。

( ´ー`)y―┛~~

結局交流戦は五割ですね。楽天が首位というのは驚き(失礼)ですが、まだまだ混戦です。優勝はわかりませんね!
 


↓防御率が悪いんだよな と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« この試合は守備で負けたような…、しかし内海が7失点とは… | トップページ | 祖国なんだから友達くらいすぐにできますよ、問題ありません »

ジャイアンツ2013」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 貧打に泣く日々が続きますね:

« この試合は守備で負けたような…、しかし内海が7失点とは… | トップページ | 祖国なんだから友達くらいすぐにできますよ、問題ありません »