« 沖縄の話題が沸騰しているようですが? | トップページ | お遍路の目印にステッカーってのは違和感アリアリですが、なぜに韓国人が貼るの? »

2013/05/10

10点とっても勝てないなんて!こんな夜に○○できないなんて!!!

衝撃の試合でした…
Yomiuri Giants Official Web Site:5月10日 対DeNA6回戦・横 浜

Yomiuri Giants Official Web Site:5月10日 対DeNA6回戦・横 浜

7点差守れずサヨナラ負け、今季横浜に初黒星

 横浜スタジアムで行われた横浜DeNAベイスターズとの6回戦は、亀井の2本のタイムリー二塁打や坂本、ロペスのホームランなどで10点を奪ったが、終盤、リリーフ陣が横浜打線の猛打を浴びて大量失点。9回、西村が多村に3ランを浴び、サヨナラ負けした。

 先発は巨人がホールトン、横浜は高崎。

 試合は初回から大きな動きを見せた。一回、巨人は一死から松本哲、坂本が連打で出塁。阿部が倒れた後、ロペスが四球を選び二死満塁とすると、六番に起用された亀井がセンターの頭上を越える走者一掃のタイムリー二塁打を放ち3点を先取。続く村田は左翼スタンドにホームランを叩き込み、この回一挙5点を奪った。

 大量援護をもらったホールトンだが、立ち上がりは苦しんだ。一回、簡単に二死を取った後、荒波にヒットを許し、続くブランコ、中村には2者連続ホームランを許し、3点を失った。

 一方、巨人打線は二回以降、立ち直った高崎を打ち崩せない。三回表にロペスがヒット、五回表に坂本が四球で塁に出たものの、得点にはいたらなかった。

 ホールトンも二回以降は危なげないピッチング。ランナーを出しながらも、要所を締めるピッチングで横浜打線を封じた。

 巨人2点リードで迎えた六回、先頭の阿部が四球、ロペスがヒットでチャンスを作ると、続く亀井が初回と同じくセンターオーバーのタイムリー二塁打。高崎をマウンドから下ろした。さらに、村田の死球などで一死満塁とチャンスを広げ、ホールトンの代打・矢野が左中間にタイムリー二塁打。この回3点を追加し、リードを5点に広げた。

 七回には、坂本、ロペスにソロホームランが飛び出し10点目。10対3と大差を付けた。

 しかし、その裏、巨人リリーフ陣が横浜打線に捕まる。2番手・高木京が多村、モーガンにホームランを浴び、続いてマウンドに上がったマシソンも荒波、ブランコ、中村らにヒットを許す。2人で計7連打を浴び、1イニングで6失点。ついに1点差に詰め寄られた。

 横浜打線の勢いは止まらず、八回には山口が二死満塁のピンチを背負う。打席には中村を迎えた絶対絶命の場面。しかし、ここは山口-阿部のバッテリーが見逃し三振を奪い、無失点で切り抜けた。

 最終回は西村が登板。一死とした後、高城、後藤に連打を許して一、二塁。続く多村を2ストライクまで追い込んだが、最後は右翼に3ランホームランを打たれ、逆転サヨナラ負けを喫した。巨人は今季の横浜戦初黒星。チームの連敗は4となった。


新高木が誤算でしたね。あそこまで簡単に3点もとられると、相手も「こりゃ行ける!」って盛り返してしまいますよねぇ。逆にマシソンは可哀想でしたが、それでもプロなんだから抑えては欲しかった…。

中日戦の11失点を超えて、今季ワースト失点です。
正直、10点とって負けたのは初めてでしょう。余り見られない展開です。そらそうです、普通は攻撃も諦めますからねぇ。逆に言うと、諦めない強さが今のベイにはあるということでしょうね。打たれた方ももちろんだめですが、諦めない攻撃陣も凄い、あっぱれ!ってことでしょう。

その中でもやっぱり山口は素晴らしかったですね。もちろんネ申のリードも凄いんですが、ちゃんとそこに投げる山口も凄い。

( ´ー`)y―┛~~

最善を尽くして負ければしようがない。明日ですね。

幸い、打つ方はなんとか打てましたのでね。重症は長野様とネ申様でしょうか?
 


↓坂本の暴投が痛かったなぁ と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 沖縄の話題が沸騰しているようですが? | トップページ | お遍路の目印にステッカーってのは違和感アリアリですが、なぜに韓国人が貼るの? »

ジャイアンツ2013」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 10点とっても勝てないなんて!こんな夜に○○できないなんて!!!:

« 沖縄の話題が沸騰しているようですが? | トップページ | お遍路の目印にステッカーってのは違和感アリアリですが、なぜに韓国人が貼るの? »