« 画期的なコンクリートを大林組が開発! | トップページ | 4点では勝てませんよね… »

2013/04/30

確かに、韓国の翻訳家は大変ですなぁ

無理せんと、日本のコンテンツなど観なくてもいいのでは?w
【韓国】テイクオフ:スタジオジブリの代表作…[社会]/NNA.ASIA

【韓国】テイクオフ:スタジオジブリの代表作…[社会]/NNA.ASIA

韓国 2013年4月30日(火曜日)

スタジオジブリの代表作「魔女の宅急便」の韓国版を見た。韓国版タイトルは「魔女配達婦キキ」という。これを見て、大学院時代に翻訳科の教授が「魔女の宅急便を韓国に輸入する時、タイトルをめぐり議論が起きていた」という話を思い出した。

周知の通り「宅急便」はヤマト運輸の商標なので韓国語にはない。一番近い言葉は、日本語同様「宅配便」だが、これは「日本語由来の言葉だから純韓国語に変更すべき」(韓国国立国語院)として回避されたそうだ。最終的に「配達婦」という言葉を韓国版で採用したそうだ。

ジブリ作品で、特に韓国版タイトルが面白いのは「千と千尋の神隠し」。英語版は「Spirited Away」だが、「神隠し」たる言葉がやはり韓国語にはない。その結果、採用されたのが「千と千尋の行方不明」である。翻訳家の苦心を察したい。(岳)


魔女配達婦キキ

かなり違和感はあるけど、まぁまぁ雰囲気というか趣旨は伝わりますね。

でも、これはさすがに…

千と千尋の行方不明

前半は意味は通じるけど、後半がまったく映画のテーマを伝えていませんねぇ。

( ´ー`)y―┛~~

というか、今現在の韓国語の中から日本統治時代の言葉、あるいはその他含めて日本由来の言葉をなくしたら、きっと言葉が成り立たなくなるのでは?これは支那も同様でしょう。

中華人民共和国

人民も共和国もたしか日本語からの輸入ではなかったか?w
 


↓いろいろ無理があるようだなw と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 画期的なコンクリートを大林組が開発! | トップページ | 4点では勝てませんよね… »

映画・テレビ」カテゴリの記事

極東愚連隊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 確かに、韓国の翻訳家は大変ですなぁ:

« 画期的なコンクリートを大林組が開発! | トップページ | 4点では勝てませんよね… »