« リンカーンに限らず、バラエティ番組で食べ物は捨てられていないのでしょうか? | トップページ | 驚きのニュース!沢村投手が年上女房とすでに離婚していた… »

2013/04/14

極端過ぎる策は対策が簡単だってことを証明して、内海が貫禄の2連勝でチームも3連勝!

しかも完封リレーってのが気持ちいいですね♪
Yomiuri Giants Official Web Site:4月14日 対ヤクルト3回戦・東京ドーム

Yomiuri Giants Official Web Site:4月14日 対ヤクルト3回戦・東京ドーム

内海が7回無失点の好投で2勝目、ヤクルトに3連勝

 東京ヤクルトスワローズとの3回戦は、三回に阿部とボウカーのタイムリーで2点を先制する。先発の内海は序盤こそピンチを迎えたが、要所を抑えて7イニング無失点で切り抜け今季2勝目を挙げた。巨人打線は追加点を奪うことはできなかったが、山口と西村の投手リレーでリードを守り抜き、このカードを3連勝で飾った。

 巨人は一回、先頭の長野が中堅へのヒットで出塁する。さらに坂本のヒットと盗塁で一死二、三塁とチャンスを作ったが、後続が倒れて先制はならなかった。

 一方の先発の内海は一回を簡単に抑えたが、二回は先頭の宮本に内野安打を許し、二つの内野ゴロの間に三塁まで進めてしまう。さらに死球で二死一、三塁のピンチを招く。しかし八木を三振で抑え、この回を無失点で切り抜けた。

 三回裏、巨人打線はヤクルト先発の八木をとらえる。一死から坂本が二塁打で出塁すると、阿部の打席で暴投の間に三塁へ。ここで阿部が右翼にタイムリーヒットを放ち、先制点をもぎ取った。さらにボウカーのタイムリー三塁打が飛び出し、2点目を奪った。

 内海は三回から五回の攻撃を三人で締め、流れを相手に渡さない。

 追加点を奪いたい巨人だったが、四回から六回は八木の前に走者を出すことができない。しかし七回、二死から長野が四球を選ぶと、続く寺内の中堅へのヒットで二死一、二塁とする。だが坂本が三振に倒れ、追加点を挙げられなかった。

 内海は七回まで無失点に抑えてマウンドを譲り、八回は山口が三者凡退で締め、九回には西村が登板。左翼線にあがったフライを坂本がダイビングキャッチするファインプレーも飛び出し、バックの守り立てもあって完封リレーで試合を締めた。

 巨人は今カードを3連勝で飾り、本拠地・東京ドームでは負けなしの今季10勝目を挙げた。


Gもチャンスがあまりありませんでしたけど、坂本+ネ申+ボウカーで2点をもぎ取りましたね。特によかったのは坂本だと思います。あの三塁への走塁。あれがなければ1点目はなかったかも?そうするとボウカーの打席で果たして2点取れていたか?と。まぁ、その前に男村田がいるわけですが(汗

坂本は最終回にいい守備を見せてくれましたね。あれはショートしか捕れない打球ですからね、ある意味ショートの見せ場でしょう。落ちていればフェアのようでしたし、救世主ですね。

さぁ!週明けからはあの阪神をドームに迎えての三連戦。ここで最低でも2勝して、借りを返しましょう!ホールトン、宮國、澤村の三人はやり返さないとダメですよ!打線ももちろんね!
 


↓打線のほうが責任重大だろw と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« リンカーンに限らず、バラエティ番組で食べ物は捨てられていないのでしょうか? | トップページ | 驚きのニュース!沢村投手が年上女房とすでに離婚していた… »

ジャイアンツ2013」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 極端過ぎる策は対策が簡単だってことを証明して、内海が貫禄の2連勝でチームも3連勝!:

« リンカーンに限らず、バラエティ番組で食べ物は捨てられていないのでしょうか? | トップページ | 驚きのニュース!沢村投手が年上女房とすでに離婚していた… »