« 石原一家は、父親以外デキが悪いのでしょうか? | トップページ | すでに、民主党に依存された組織が死んでしまう、そういうレベルになったのではないか? »

2013/03/14

どんなことがあっても、礼儀正しく生きて行きたい

まっとうな国、まっとうな人間の願いですね
震災追悼式への中国欠席に首相「大変残念」 - MSN産経ニュース

震災追悼式への中国欠席に首相「大変残念」 - MSN産経ニュース

2013.3.14 00:23

 安倍晋三首相は13日、交流サイト「フェイスブック」で、東日本大震災追悼式に中国の韓志強(かん・しきょう)駐日臨時代理大使が台湾の「指名献花」を理由に欠席したことについて、「大変残念なことだ。しかし、私たちは礼儀正しくありたい」との認識を示した。


こちらが安倍首相のFBです。

携帯アップロード

携帯アップロード




安倍 晋三

3月11日の東日本大震災慰霊式典に「台湾の代表の取り扱い」を理由に中国が欠席いしました。

昨年行われた慰霊式典では、台湾の代表は招待され出席していたにも関わらず名前すら読み上げられませんでした。
震災発生時、台湾は世界のどの国よりも多額の200億円を超える義援金を贈ってくれた大切な日本の友人です。台湾の人々の気持ちを傷つける非礼な対応でした。
今年はこの対応を改め、台湾に対し感謝の意を込めて「指名献花」をしていただくことにいたしました。

このことに対して中国が代表を送らなかったことは大変残念なことであります。
しかし私達はこれからも礼儀正しくありたいと思います。
そして多くの支援をいただいた台湾をはじめ全ての国に対して、感謝の思いでいっぱいであります。


恩義に対しては真の礼節をもって応える。人間として当然のことでしょう。

WBCの際にもありましたが、本当に台湾の人々と日本は通じ合っている。わかりあえている、双方の心が通じ合っていると実感しています。そういう国同士が正式に国交もないということは不幸きわまりないですね。

田中元首相の時代に拙速に支那との国交樹立を急ぐあまり、台湾との正式な国交を捨てざるを得なくなったことが至極残念です。

Photo_2

これからもよき隣人、友人、同志であり続けられますように。
 


↓奇跡の国なんだよな… と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 石原一家は、父親以外デキが悪いのでしょうか? | トップページ | すでに、民主党に依存された組織が死んでしまう、そういうレベルになったのではないか? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

極東愚連隊」カテゴリの記事

東北大地震」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: どんなことがあっても、礼儀正しく生きて行きたい:

« 石原一家は、父親以外デキが悪いのでしょうか? | トップページ | すでに、民主党に依存された組織が死んでしまう、そういうレベルになったのではないか? »