« なーーーんだ、式典で起立しなかった教師は思想信条のことで起立していなかったわけじゃなかったんですね? | トップページ | これぞ生涯現役!71歳でこの優勝は凄いです »

2013/03/25

このクールのドラマ、夜行観覧車を観ていたのですが…

最終回が一番いまいちだったような気がします…
鈴木京香主演のサスペンス「夜行観覧車」 最終回で最高 13・9% (スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース

鈴木京香主演のサスペンス「夜行観覧車」 最終回で最高 13・9% (スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース

スポニチアネックス 3月25日(月)10時31分配信

 鈴木京香(44)主演のTBS系連続ドラマ「夜行観覧車」(金曜後10・00)の最終回は22日に放送され、平均視聴率が13・9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが25日、分かった。

 初回は11・7%でスタートし、第2話、第3話とやや上場し、12%台を記録。その後は11%前後を推移。最終回で最高を記録した。全話の平均は11・6%。

 「告白」などで知られる湊かなえ氏が初めて家族を題材にして描いた同名サスペンス小説が原作で、高級住宅街“ひばりヶ丘”を舞台に、娘の家庭内暴力などで崩壊寸前の家族が向かいの家で起きた家族同士の殺人事件をきっかけに再生の道へと進む物語。「SCANDAL」(08年)以来5年ぶりの同局連続ドラマに主演する鈴木は、家庭内暴力で精神的に追い詰められ、異常な行動を取る主婦・遠藤真弓を演じる。真弓の夫役には、年末に胃がんの摘出手術を受けてスピード復帰したお笑いコンビ「雨上がり決死隊」の宮迫博之(42)が扮していることでも話題だ。そのほか、遠藤家の隣人には、石田ゆり子(43)、夏木マリ(60)ら。


結局犯人は奥さんって…。じゃぁなんで逃げてたの?自首すりゃーええやんか。次男もなんで逃げてたのかさっぱりわかりません。伏線貼りまくりだったような気がしますが、結局はありきたりな結末。

それと殺人の動機が…。衝動殺人というのはわかるにしても、どうもあのくらいのことで衝動的にあんなもので頭を殴ってしまうっていうのが理解不能。旦那さんも、もう少し説明してあげればいいのにとも感じたり。

( ´ー`)y―┛~~

他には、最高の離婚とカラマーゾフの兄弟を観ていました。が、最高の離婚は旦那のセリフが最高にうざかったのでイマイチ入りきれませんでした。カラマーゾフの兄弟は面白かったんですが、いかんせん、放送開始時間が中途半端でよく見逃しましたw

( ´ー`)y―┛~~

さて、次のクールは何が面白いでしょうねぇ?
 


↓TV観る時間があるのか? と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« なーーーんだ、式典で起立しなかった教師は思想信条のことで起立していなかったわけじゃなかったんですね? | トップページ | これぞ生涯現役!71歳でこの優勝は凄いです »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: このクールのドラマ、夜行観覧車を観ていたのですが…:

» 「夜行観覧車」第10話(最終回)★原作とかけ離れたドラマの是非 [世事熟視〜コソダチP]
「夜行観覧車」第10話〜最終回 湊かなえが奏でた精密な心理劇『夜行観覧車』が、TBSによって改稿されて、こんなドラマになっちゃった。 『好みの問題』『原作を読んでいるか否か』で受け止め方も変わると思いますが、遠回しに徐々に核心に向かっていく原作本のエレガンスなまでの「計算し尽くされた構成」が好きなので、ドラマ版には戸惑いを越えて不快でさえ有ります。 原作とドラマ版では視線が全然違うし、小島さと子(夏木マリ)や高橋良幸(安田章大・関ジャニ∞)ら結城 刑事(高橋克典)ら登場人物の立ち位... [続きを読む]

受信: 2013/03/26 12:11

« なーーーんだ、式典で起立しなかった教師は思想信条のことで起立していなかったわけじゃなかったんですね? | トップページ | これぞ生涯現役!71歳でこの優勝は凄いです »