« 何歳になってもお盛んなのはいい…、のかあああぁぁぁぁぁアッーーー | トップページ | 何事もプライスレスな価値を持っていれば我が世の春、ということですな »

2013/02/19

ここまできたらあと一捻り、事故の直前にエアバッグを対象物に巻きつければいいのでは?

そうすれば被害者も無傷とは言わないけれど、多分致命傷は負わないでしょう?
ボルボが歩行者守るエアバッグ 世界初、頭部ぶつかるのを防ぐ - 47NEWS(よんななニュース)

ボルボが歩行者守るエアバッグ 世界初、頭部ぶつかるのを防ぐ - 47NEWS(よんななニュース)

 スウェーデンの自動車大手ボルボの日本法人は19日、世界初の歩行者用エアバッグが装備できる新型車「ボルボV40」を発売した。歩行者と衝突すると、ボンネットからエアバッグが飛び出してフロントガラスの下部や窓枠の硬い部分を覆い、歩行者の頭部がぶつかるのを防ぐ。

 時速20~50キロで走行中に作動。センサーで衝突したのが人の脚かどうか識別する。

 ボルボによると、交通事故の死者に占める歩行者の割合は欧州約14%、中国約25%、日本は36%超で歩行者用エアバッグの普及が役立ちそうだ。

 エアバッグの装備価格は6万円。V40の車両価格は269万円から。

2013/02/19 16:39 【共同通信】


事故の瞬間に大きなエアバッグを出して、衝突寸前に被害者の体全体に巻きつける。そうすれば致命傷にはなりません。しかもそのバッグは体に適度に密着していればなおいい。要は大きな風船の中に適度に固定されたような状態になれば、しかもその風船が丈夫なら、跳ね飛ばされても問題ないですよね?

まぁ、密閉してしまうと窒息死してしまいますけど(爆

ドライブレコーダーと連動すればもっと精度が高くなるような気がします。

ただ、6万円ってことにはならないようにも思いますがw でもその分自動車任意保険料が激安になったりして?

( ´ー`)y―┛~~

人間って、相対速度が何Km/hくらいの衝撃なら生存率が90%を超える、なんていうデータはあるんでしょうか?衝突の前に自動的にブレーキをかけるという最近の技術なども駆使すれば、結構防止できそうな気もしますが…。

車に赤外線探知機なども装備して、隠れたところの人間も感知。行動予測もして、防止する。街灯などにも監視カメラが装備されていて、そこからの映像も自動的に付近を走行する車に配信されるとか。

考えればいくらでも安全な街ってのはできそうですが…。そういうインフラ整備にお金を、公共投資するというのはありでしょう!
 


↓未来世紀か? と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 何歳になってもお盛んなのはいい…、のかあああぁぁぁぁぁアッーーー | トップページ | 何事もプライスレスな価値を持っていれば我が世の春、ということですな »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ここまできたらあと一捻り、事故の直前にエアバッグを対象物に巻きつければいいのでは?:

« 何歳になってもお盛んなのはいい…、のかあああぁぁぁぁぁアッーーー | トップページ | 何事もプライスレスな価値を持っていれば我が世の春、ということですな »