« これがわかりやすい円安効果ですね!じゃんじゃん輸出しちゃってください♪ | トップページ | この人はやっぱりスパイだったのかな? »

2013/02/19

良薬口に苦し

これは素晴らしい。タンニンってそんな効能もあったんだ♪
渋柿の搾り汁、ノロウイルス撃退 広島大が確認 - ニュース - アピタル(医療・健康)

渋柿の搾り汁、ノロウイルス撃退 広島大が確認 - ニュース - アピタル(医療・健康)

2013年2月17日

 【南宏美】渋柿を搾った汁からつくった「柿渋」に、ノロウイルスやインフルエンザウイルスといった幅広い種類のウイルスをやっつける力があることを、広島大の坂口剛正教授(ウイルス学)らのチームが確認した。家庭での感染予防策にいかせるかもしれない。米科学誌プロスワンで報告した。

 柿渋は防腐効果のある塗料として使われていて、抗ウイルス作用が指摘されていた。坂口さんらは柿渋にノロ、インフルエンザ、ポリオといった12種類のウイルスの培養液を混ぜて3分後に様子をみたら、いずれも感染力がなくなっていた。柿渋に含まれるタンニンが、ウイルスを無力化しているらしい。

 同様に植物由来のタンニンをもつ緑茶カテキンでも、タンニンの濃度を合わせて同じ実験をしたが、感染力を失ったウイルスは9種類で、ノロウイルスへの効果は不十分だった。

 家庭での消毒によく使われるアルコールは、ノロウイルスを完全に死滅させることはできない。坂口さんは「柿渋は食品が原料なので安全性が高い。まな板の消毒用など、台所でも使いやすい」と話す。今後、柿渋がウイルスを無力にするメカニズムを詳しく解明したいという。


これは、柿渋の成分を入れたまな板とか手袋とか、包丁とか、そういう調理用器具が多数開発されそうな勢いなんでしょうか?

それにしても、ノロやインフルエンザってのはまだしも、ポリオって…。凄いな。

今流行?の肺炎も防止できるかも?よーわからんけど。

( ´ー`)y―┛~~

自然って凄いなぁ…。
 


↓解明した人間も凄いなぁ と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« これがわかりやすい円安効果ですね!じゃんじゃん輸出しちゃってください♪ | トップページ | この人はやっぱりスパイだったのかな? »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71882/56800173

この記事へのトラックバック一覧です: 良薬口に苦し:

« これがわかりやすい円安効果ですね!じゃんじゃん輸出しちゃってください♪ | トップページ | この人はやっぱりスパイだったのかな? »