« チャイナリスクここにあり!共産主義が人治主義ってのも笑いますが、チャイナリスクはなくならないでしょうね | トップページ | さすが!麻生財務相と甘利経産相は民主党の「見てるだけー」の大臣とは一味も二味も違いますね♪ »

2013/01/26

この自信が世界トップのシェアを誇る製品開発=技術開発の根源になっているのでしょう

それにしても、世界トップシェアの会社が100もあるとは知りませんでしたね
シェア世界一の会社 入社試験で焼魚食べさせ社内メール禁止 | エンタメ | マイナビニュース

シェア世界一の会社 入社試験で焼魚食べさせ社内メール禁止 | エンタメ | マイナビニュース

[2013/01/26]

 誰もが名前を知るような大企業が天文学的な赤字を出し、青息吐息の状態にある中、大企業の失速を尻目に、日本には小さくてもシェア世界一の企業が、100社以上もある。世界を席巻する「町工場」のオンリーワン技術にこそ日本復活のヒントが隠されている。

 東京・三鷹市の住宅地にポツンと建つ無機質な町工場。社員40名のこの小さな会社が、世界中の命を救う機器を開発していると誰が気づくだろうか──。「三鷹光器」は天文、宇宙開発機器や、医療機器の開発で知られる。とりわけ脳外科手術用顕微鏡スタンドは、ドイツの光学機器メーカー大手『ライカ』の販売網を使い世界トップシェアだ。中村勝重社長(68)がいう。

「世界中の医師から『三鷹の製品じゃないとダメ』だといってもらえています。ウチにはアイデアとそれを実行できる頭脳があるから、少人数でも価値のあるものが作れるんです」

 社風も非常にユニーク。社内連絡においてメールは原則禁止。「文章よりも絵のほうがわかりやすい」と報告はホワイトボードに絵や図を描いて説明させる。入社試験では焼き魚定食を食べに行く。「箸で魚の身をキレイに取れるか、手先の器用さを見ている」というのが理由らしい。

 取材時、中村社長はどこを撮影しても構わないと豪語した。

「企業秘密はありませんよ。今作っているものは既に過去のもの。よその企業がこの製品を真似して作った頃、私たちは次の製品を生み出しているから」

 誇り高き技術者の言葉である。

撮影■ヤナガワゴーッ!

※週刊ポスト2013年2月1日号


私、魚の身を上手に食べることには自信があります♪下手だけど絵を書くことも好きでっせ♪実際、MTGでは白板に文章を書くよりも図を書いてまとめることが多いですし。

今から転職できませんか?

( ´ー`)y―┛~~ 閑話休題

よその企業がこの製品を真似して作った頃、私たちは次の製品を生み出しているから

それもこれも、今出している製品がそもそも他企業の実力を凌駕しているからこそのセリフですよね。追いつくのに何年もかかる=その間にますます先の技術を開発しているという…。

技術立国日本の鏡のような企業ですね。そういうものを持っていなければ、ただ量産して製品を作っているだけでは新興国に簡単に追いつかれますからね…。

最近の円安。どうなんでしょう。家電や車の業界では1円円安で何円の利益!みたいに報道されることが多いんですが、本当にそうなのか?日本は国内のGDPが約8割くらいなので、原料や半完成品、完成品を海外から輸入して国内に売るという業態が多いとすれば、円安になれば企業収益を悪化させることのほうが多いのではないか?そうそう値上げというのも難しいでしょうし。

でも、デフレを脱却するためには値上げも一考の価値ありです。購買力が上がる、あるいは上がることが見込める状況下でなければ難しいでしょうけど、値上げも必要ですよね。というか、値上げではなく、ゼロに戻すための価格アップという意識か…。

鶏と卵ですねぇ。
 


↓何事も両面があるからな と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« チャイナリスクここにあり!共産主義が人治主義ってのも笑いますが、チャイナリスクはなくならないでしょうね | トップページ | さすが!麻生財務相と甘利経産相は民主党の「見てるだけー」の大臣とは一味も二味も違いますね♪ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71882/56630011

この記事へのトラックバック一覧です: この自信が世界トップのシェアを誇る製品開発=技術開発の根源になっているのでしょう:

« チャイナリスクここにあり!共産主義が人治主義ってのも笑いますが、チャイナリスクはなくならないでしょうね | トップページ | さすが!麻生財務相と甘利経産相は民主党の「見てるだけー」の大臣とは一味も二味も違いますね♪ »