« 人間とは、自力で死ぬまで自分の首を締めることができるんでしょうか? | トップページ | フランケン、倍増の8000万円で更改! »

2012/12/12

正真正銘のステマ発覚w

ってか、芸能人のブログで何か商品が紹介されていれば、それは=ステマと見るべきでしょう
有名芸能人が宣伝していた詐欺容疑の「ペニーオークション」 入札の度に手数料 - 政治・社会 - ZAKZAK

有名芸能人が宣伝していた詐欺容疑の「ペニーオークション」 入札の度に手数料 - 政治・社会 - ZAKZAK

 2012.12.12

 人気タレントのブログが詐欺サイトのPRに利用されていた-。取引価格が格安な代わりに入札のたびに手数料が取られる「ペニーオークション」と呼ばれるインターネットオークションで、手数料をだまし取ったとして、サイトの運営者ら4人が先ごろ、京都、大阪両府警に詐欺の疑いでを逮捕されたが、女性人気タレントがこのサイトを利用して電化製品を格安で落札したとブログに掲載していたことが分かった。

 両府警に逮捕された大阪市中央区の会社役員、鈴木隆介容疑者(30)ら4人は、2010年6月までにペニーオークションサイト「ワールドオークション」を開設したが、実際には商品を落札できない仕組みにしたうえで「激安価格で落札できる」などと表示。顧客の女性2人から計6000円をだまし取った疑いが持たれている。会員数は10万人以上とされ、総額数千万円の手数料が支払われたとされる。

 「ワールドオークション」をめぐっては、グラビア出身の人気女性タレント(35)が2年前、自身のブログに、同サイトを利用して空気清浄機を1080円で落札したと記載していたことが判明。12日付の読売新聞によると、このタレント側は「落札は嘘で、知人から『サイトの運営者から30万円をもらえる。アルバイトをしないか』と誘われた。サイトは利用していない」と警察に説明したという。

 このタレントが利用していたブログ運営会社のサイト内でブログを解説している他のタレントや芸人も、同様のペニーオークションサイトでスマートフォンや電化製品を格安で落札していたことを紹介していた。“広告塔”として利用された格好だが、芸能人側の姿勢を問題視する声も上がっている。

 ■ペニーオークション 入札の度に70円前後の手数料が取られるインターネットオークション。開始価格が低く、格安で商品を落札できることを売りにしている。2005年ごろドイツで考案され、小銭という意味もある英国の通貨単位「ペニー」を冠して呼ばれるようになった。国内では09年末から業者が増え始め、全国の消費者センターに「いくらやっても落札できない」との苦情が急増。景品表示法に抵触する恐れがあり、消費者庁が注意を呼び掛けている。


ほしのあき(35)がペニーオークションの商品を安く落札したとブログで紹介→運営者が詐欺で逮捕→ほしのあき「落札はうそ、知人から30万円もらってブログに載せた」:ハムスター速報

まぁ、ほしのあきさんに限らず、こういうことをしている人は多いんでしょうねぇ。私はそういう芸能人などのブログは見ていないので(というか、見る時間がない…)全く知りませんが。

性格的にもあんなちまちましたオークションは合いませんね。結構いらちなので、あれをするくらいなら価格.comで買いますな。ヤフオクでさえいらいらしますのでw

( ´ー`)y―┛~~

しかし、たった30万円の小遣い稼ぎで犯罪の片棒をかつぐことになるとはね。芸能人もお金に困っているの?(´・ω・`)

入札のたびに手数料が取られる

これ、ツールがあれば運営側はいくらでも釣り上げられますよね?仕組みそのものが怪しすぎます。性善説でないと成り立たないものをネットでやってしまうのは危険ですよねぇ。

ま、そんなところばかりではないのでしょうけど、一時はニュースの特集でやってましたよね。世の中を知るってのは大事ですね。

3
 


↓ということだな と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 人間とは、自力で死ぬまで自分の首を締めることができるんでしょうか? | トップページ | フランケン、倍増の8000万円で更改! »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

買い物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 正真正銘のステマ発覚w:

« 人間とは、自力で死ぬまで自分の首を締めることができるんでしょうか? | トップページ | フランケン、倍増の8000万円で更改! »