« プーチン大統領が世界の終りについてコメントを出されたようです | トップページ | 希望退職 or シリア転勤? これ、リストラじゃなくて首切りでもなくて、パワハラも入っているよね? »

2012/12/20

有機ELパネルの原料を新規開発!ついにポストLCDの本命が始動するのか?

レアメタルも不要ってのは凄いですね。日本は本当に凄い
朝日新聞デジタル:有機ELの新発光材料開発 レアメタル不要、コストも減 - 科学

朝日新聞デジタル:有機ELの新発光材料開発 レアメタル不要、コストも減 - 科学

 2012年12月13日3時38分

 【中村浩彦】スマートフォンのディスプレーなどに使われている有機ELの新しい発光材料を、九州大などの研究チームが開発した。従来の発光材料に必要だったレアメタルを使わず、材料コストを10分の1程度に減らせるという。13日発行の英科学誌ネイチャー電子版に発表する。

 有機ELの発光材料には蛍光現象やリン光現象で発光する材料が使われてきた。蛍光材料は安価だが電子を光に変換する効率が低く、リン光材料は電子をほぼ100%の効率で光へと変換できるが、イリジウムなどのレアメタルが必要で材料コストが高かった。

 九州大最先端有機光エレクトロニクス研究センターの安達千波矢センター長らは、レアメタルを使わずに高効率で発光する有機化合物、ジシアノベンゼン誘導体を開発。蛍光材料と同等の価格で、リン光材料と同様の発光効率を持つ素材という。「ハイパーフルオレッセンス」と名付けた。

 有機ELは薄型なうえ、高精細で消費電力も少なく、次世代の薄型テレビや照明などへの利用が期待されている。安達センター長は「国内メーカーと連携し、日本発の技術として早急に実用化を目指す」と話している。


価格の面はかなり改善されるとして、残る問題は色あせ現象でしょうか。

有機エレクトロルミネッセンス - Wikipedia

有機エレクトロルミネッセンス - Wikipedia

-- 前略 --

寿命

発光体の有機物は通電および酸素や湿気の影響により徐々に劣化して輝度が低下する。この問題は発光体の研究と空気から遮断する封止技術により急速に改善されてきており、最新の各社製品では50,000時間以上といったモバイル機器には十分な寿命を確保できる水準に達してきている。ただし各社発表の公称寿命と実測寿命との乖離が指摘されており、実際には問題が見受けられた[26]。

大画面パネルについては、2011年11月には住友化学が寿命について「必要な水準を達成できた」として、競合他社に先駆けて大画面パネルの量産を2012年初めに踏み切ると発表している[27]。

-- 中略 --

26 ^ ソニーの有機ELテレビXEL-1、寿命は公称の約半分という予測 有機エレクトロルミネッセンス - Wikipedia

-- 後略 --


5万時間なら確かに携帯電話には十分ですけど、家庭用テレビとしてはどうか?10時間/日として5千日=約15年。十分とも言えますね。カタログ通りなら、ですが。

以前ソニーの20インチ?くらいの有機EL-TVを店頭で見ましたが、画質はむちゃくちゃよかったです。それと、映像がゆっくりスクロールする場面では、本当に写真がすべっているような、そんなふうに錯覚するくらいの映像でした。

ところで、サムソンの有機EL-TVは発売されたんでしょうか?
展示会用の試作品が盗まれた、なんていう報道もありましたけど…。

うまい話には裏があるってことですね、ましてやサムスンではwww: ピア 徒然見聞録

サムスン有機ELテレビ消える IFAへの搬送中に 聯合ニュース

4Kで50インチくらいのもの、日本メーカーで出してくれませんかね。10万円くらいでw
 


↓でも買えないというねw と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« プーチン大統領が世界の終りについてコメントを出されたようです | トップページ | 希望退職 or シリア転勤? これ、リストラじゃなくて首切りでもなくて、パワハラも入っているよね? »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 有機ELパネルの原料を新規開発!ついにポストLCDの本命が始動するのか?:

« プーチン大統領が世界の終りについてコメントを出されたようです | トップページ | 希望退職 or シリア転勤? これ、リストラじゃなくて首切りでもなくて、パワハラも入っているよね? »