« 祝♪脅威の追い上げで節目の75万ヒット達成! | トップページ | クアルコムがシャープに100億円出資して、一体何が始まるんです? »

2012/11/14

巨人のエースに4年14億のオファーとか

微妙な数字ですなぁ…
巨人 内海に4年14億円提示へ FA宣言残留も異例容認 ― スポニチ Sponichi Annex 野球

巨人 内海に4年14億円提示へ FA宣言残留も異例容認 ― スポニチ Sponichi Annex 野球

 今季、国内フリーエージェント(FA)権を取得した巨人・内海哲也投手(30)が12日、都内で原沢敦球団代表兼ゼネラルマネジャー(GM=56)と残留交渉を行った。

 球団は2年連続最多勝を獲得し、3年ぶりの日本一奪回に貢献した左腕を高く評価。昨年、FAで獲得した杉内俊哉投手(32)に匹敵する4年14億円の大型契約を用意し今後、正式に提示する。

 アジアシリーズに同行していた原沢球団代表兼GMは韓国・釜山から成田に到着するとその足で、都内での内海との残留交渉に臨んだ。3年ぶりの日本一を引っ張ったエースに対する誠意。FA申請期限を翌日に控え、選手会長としても貢献度が高かった左腕に、球団の高い評価を伝えた。

 日本シリーズ終了後、内海は初めて取得した国内FA権に関し「じっくり考えます」。ここまで水面下で球団側と交渉してきたがこの日、あらためて球団側との話し合いに臨んだ。交渉について桃井恒和球団社長(65)は「結論はまだ聞いていない」と明かす。内海の最終決断は一時持ち越しとなったが、2年連続で最多勝に輝いたエースに、最大限の条件を準備する。

 さらに桃井球団社長は「宣言して残留というのもこちらは考えています」と発言。再契約金が発生することになるが、宣言残留を容認する方針だ。最近では04年に仁志、清水が宣言残留したケースがあるが、近年の巨人では極めて異例。それだけの価値がエース左腕にあると認める。FA申請期限まで回答を保留し慎重な姿勢を貫いた内海だが、球団側の誠意に13日、しっかりと応える。

[ 2012年11月13日 06:00 ]


18勝⇒15勝で2年連続最多勝。今年は春先の打線沈黙時代に2勝くらいは損してるべ。それを考えても複数年契約ってのは当然として、14億ってのが微妙ですなぁ。3.5億円かぁ…。再契約金がいくらになるのかわかりませんけど、それを含めて16億円で実質1年4億円ってのが落としどころでしょうかね。

契約更改でどこまで上がるのか、見ている方も楽しみですね♪
 


↓松本も上がって欲しいなぁ と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 祝♪脅威の追い上げで節目の75万ヒット達成! | トップページ | クアルコムがシャープに100億円出資して、一体何が始まるんです? »

ジャイアンツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 巨人のエースに4年14億のオファーとか:

« 祝♪脅威の追い上げで節目の75万ヒット達成! | トップページ | クアルコムがシャープに100億円出資して、一体何が始まるんです? »