« 内海の熱投でついに王手!聖地で優勝だ! | トップページ | こういうことで時短して実質給料を上げるしか方法がないのでは? »

2012/11/01

【2012年日本シリーズ】内海の熱投が勝利を呼んだ!10-2の圧勝でついに聖地で胴上げだ!

圧勝、文字通りの圧勝です♪
Yomiuri Giants Official Web Site: 11月1日 対日本ハム5回戦・札幌ドーム

Yomiuri Giants Official Web Site: 11月1日 対日本ハム5回戦・札幌ドーム

打線つながり10得点! 日本一に王手

 2勝2敗の五分で迎えた日本シリーズ第5戦、ジャイアンツは二回にボウカーの2ラン本塁打で先制する。打線はその後も着実に得点を重ね、日本ハム投手陣を圧倒。最終的に10点を奪い快勝した。中4日で先発した内海は8回2失点の好投でシリーズ2勝目をマーク。対戦成績を3勝2敗とし、ついにジャイアンツが日本一に王手をかけた。

 初回、長野が四球で出塁すると、松本哲の送りバントと坂本の外野フライの間に進塁し、二死三塁のチャンスを迎えたが、この日4番に入った村田が倒れ、先制とはならなかった。一方、ジャイアンツ先発の内海は初回を三者凡退に抑え、両軍は初回を無得点で終える。

 すると二回表、試合が動く。ヒットで出塁した矢野を走者に置いた一死一塁の場面で、ボウカーが放った打球は弾丸ライナーで右翼スタンドへ。助っ人の2ラン本塁打でジャイアンツが3試合ぶりに先制点を奪った。

 しかしその裏、内海は中田のヒットなどで二死三塁のピンチを背負うと、金子誠にタイムリー二塁打を打たれ、1点差に詰め寄られてしまう。

 直後の三回、ジャイアンツ打線は再び日本ハムを突き放す。長野のヒットと松本哲の送りバントで二塁にランナーを進めると、坂本が右翼へタイムリーヒットを放つ。続く村田もヒットを放ち、一死一、三塁とすると、矢野の犠牲フライとエドガーのタイムリー二塁打が飛び出し、さらに2点を追加。この回一挙3点を挙げ、日本ハム先発の吉川をマウンドから引きずり下ろした。

 四回も打線の勢いは止まらない。寺内が相手の失策で出塁すると、続く加藤は死球を食らい、日本ハム2番手の多田野は危険球退場に。代わった3番手・森内から松本哲がヒットを打ち一死満塁とすると、坂本が犠牲フライを放ち、6点目を加えた。

 五回には下位打線が機能する。エドガーのヒットやボウカーの四球などで二死二、三塁となると、加藤が左翼手の頭を越えるタイムリー二塁打を放ち、さらに2点を追加した。

 打線の援護をもらった内海は、三回にタイムリーを浴びて1点を失ったものの、徐々に調子を取り戻していく。四回から六回までは散発の2安打に封じ込め、チャンスすら与えない。

 七回、打線は4番手のモルケンから寺内と加藤の連打で二死一、三塁のチャンスをつくったが、途中出場の鈴木尚が倒れて追加点をあげることはできなかった。

 終盤に入っても内海の球威は衰えず、七、八回の2イニングで3つの三振を奪うなど、得点を許さなかった。

 打線は九回に5番手の斎藤佑を攻める。矢野と高橋由の連打、石井の四球などで二死満塁とすると、鈴木尚と松本哲に連続タイムリーが飛び出し、10対2とした。

 九回裏は西村が登板。二死から連打を浴びて二、三塁のピンチを背負ったが、代打・ホフパワーを抑えて試合終了。終始投打がかみ合ったジャイアンツが日本一へ王手をかけ、東京ドームで行われる第6戦での胴上げを目指す。


内海は序盤はそうでもなかったようですが、回が進むに連れてコントロールがよくなってきましたね。これぞエースという投げっぷりでした。まったくもう、安心して観れましたねぇ。

こうなると打線なんですが、初回のチャンスを逃して今日も拙攻か?と思いきや、

ボウカー、キタ━(゚∀゚)━!!!

ということであっという間に2点先制。

次の回も坂本のタイムリーのあとにまさか(失礼w )の

江戸川、キタ━(゚∀゚)━!!!

でついに5点目。

その後もまさか(失礼w )のカトケン、タイムリーツーベースや8回から登板している斉藤からエクスキュースナーばりの2点ゲットで

Photo

犬でさえも脳天気になってしまうほどの、快勝、圧勝。

実はネ申の怪我で今日はホンマにやばい…と恐れながら電車の中でヤフー速報を観ていたんですけど、なんのなんの。というか、まぁ相手の吉川に助けられたんでしょうね。さすがにシリーズ初戦の先発では緊張もするだろうから、ボウカーにあんな打ち頃の球を投げてしまったのであって、今日は2回目の先発だから冷静に投げられるはず、ということは今日も接戦でリリーフにちと不安があるGが不利だなぁ…と感じていた次第。

だったのですが、開けてみれば圧勝!

まぁ、カトケンの誤審危険球ってのもありましたね。あれは誤審するほうが悪いわけで、カトケンは悪く書いでしょ?なんでカトケンの打席の時にブーイングなの?意味不明。そんなんなら、主審にずっとブーイングしてろよ、と思ったり。あ、そのカトケンもタイムリーツーベースでしたね♪

ただ、勝って兜の緒を締めよ、です。第6戦もネ申は不出場っぽいですし、フランケンはなんだか頼りないし…。調子落ちていますね…。長野様はいけるんでしょうか…?しかも、第6戦は相手の先発が武田勝。前回スミ1に抑えられた投手です。

これは厳しいかも…。
((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
 


↓いや、あっさり優勝だろ? と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 内海の熱投でついに王手!聖地で優勝だ! | トップページ | こういうことで時短して実質給料を上げるしか方法がないのでは? »

ジャイアンツ2012」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【2012年日本シリーズ】内海の熱投が勝利を呼んだ!10-2の圧勝でついに聖地で胴上げだ!:

» 日本シリーズ5戦「巨人-日ハム」偽死球で丸儲けの加藤にブーイングの嵐 [11/1] [世事熟視〜コソダチP]
巨人 10―2 日ハム 2012年11月1日 昨日、広い札幌Dでは原監督の『ホームラン待ってる作戦』が通用しないから有利性を失ってる旨を書いたんだけど、あにはからんや、『ホームラン待ってる作戦』は生きていました。 レギュラーシーズン3HR、10打点に終わったボウカーが、初戦に続いてシリーズ2号弾をライトスタンドに突き刺して先制しちゃいました。 (1年で10打点だったのに、シリーズで7打点目。) 2ストライクまでは吉川の直球に差し込まれて前に飛ばなかったのですが、最後の球だけは指の... [続きを読む]

受信: 2012/11/02 10:20

« 内海の熱投でついに王手!聖地で優勝だ! | トップページ | こういうことで時短して実質給料を上げるしか方法がないのでは? »