« これはさすがに真紀子節が炸裂するのも当然でしょうなぁ | トップページ | 断られるのなら、いっそのこと自分から断るニダ!!! »

2012/10/02

試合があったことさえ気づいていませんでした、まぁ見なくて正解かも?

完封負けってのが心配ですね
Yomiuri Giants Official Web Site: 10月1日 対ヤクルト24回戦・神 宮

Yomiuri Giants Official Web Site: 10月1日 対ヤクルト24回戦・神 宮

ヤクルトに零封負けで4連敗

 台風の影響で今日に順延された東京ヤクルトスワローズとの今季最終戦は、先発のホールトンが三回に2点を失うと、六回から登板した澤村も得点を許しリードを広げられた。一方の打線はヤクルト先発・八木の前に再三チャンスをつくったが、あと1本が出ずに無得点。八木にプロ初勝利を献上し、4連敗となった。

 巨人先発のホールトンは、一回のヤクルトの攻撃を三者凡退に抑え、抜群の立ち上がりを見せる。

 二回表、二死から矢野がチーム初ヒットを放ち出塁すると、藤村もヒットで続く。さらに藤村が盗塁を決め、二死二、三塁と先制のチャンスを迎えたが、ホールトンが凡退し先制点は奪えなかった。

 三回表も二死からチャンスをつくる。坂本が内野安打で出塁すると、阿部もヒットを放ち二死一、二塁。しかし、この場面で村田が内野フライを打ち上げ、またしてもチャンスはいかせない。

 その裏、ホールトンがこの試合初めてのピンチを抱える。先頭の福地に初ヒットを許すと、盗塁を挟んで相川にもヒットでつながれ、無死一、三塁とされる。一死後、内野ゴロの間に三塁走者が生還し、先制点を許してしまう。さらに田中にもタイムリーヒットを打たれ、この回2点を失った。

 得点を返したい打線は四回表、先頭の大田が四球を選び出塁すると盗塁も決め、さらに矢野も四球で無死一、二塁と再び走者をためる。しかし、藤村が二塁併殺打に倒れ、ホールトンも凡退。序盤は打線がつながらない。

 五回表も無死一、二塁としたがクリーンアップが揃って凡退。ヤクルト先発・八木をなかなか攻略できない。

 先制されたあとのホールトンは四、五回を無失点に抑える好投を見せ、この回でマウンドを降りる。

 六回からは澤村がリリーフとして初登板。クライマックスシリーズに向け結果を残したかったが、3連打を浴びるなど2点を失い、リードを4点に広げられてしまった。

 八回表、代わった山本哲から阿部が右翼線にヒットを放つと、代打のボウカーも二塁打を放ち、二死二、三塁とする。しかし矢野が空振り三振に倒れこの回も無得点に終わる。

 澤村は八回も二死から連続長打を浴び、さらに1点を失った。

 九回表は中井の内野安打、松本哲のヒットでチャンスをつくったが、後続が倒れ試合終了。零封負けを喫した巨人はヤクルト先発・八木にプロ初勝利を献上し、4連敗となった。


ここでヒットを…という場面で出ませんねぇ。なんか、4月の再来でしょうか?心配です。ヤクルトはCSにも出てきますからねぇ。

( ´ー`)y―┛~~

4番が完璧な状態なのは変わりませんけど、そうなると短期決戦ですから勝負を避けてでも失点を防ぐということになるでしょうね。ということは5番が大事ってのは当然ですけど、それよりもセオリー通りに4番の前にランナーを出すことが大事になってきます。

幸い、長野様、坂本という枢軸がいますのでそこそこできるでしょう。2番打者も大事ですね。長野様とのコンビでランナー2塁という場面をどうやって作るか。そこからのクリーンアップで得点を…という、調子の良かった時期の攻撃を再現すればと。

ま、どのチームでも思うことですが。
 


↓貯金40切ってまうん? と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« これはさすがに真紀子節が炸裂するのも当然でしょうなぁ | トップページ | 断られるのなら、いっそのこと自分から断るニダ!!! »

ジャイアンツ2012」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 試合があったことさえ気づいていませんでした、まぁ見なくて正解かも?:

« これはさすがに真紀子節が炸裂するのも当然でしょうなぁ | トップページ | 断られるのなら、いっそのこと自分から断るニダ!!! »