« まさに 「支那滅裂」 ですなwww | トップページ | さすが韓国の主力産業、立ってるものは親でも使えですか? »

2012/10/14

検証記事をいろいろ見ていますが、「嘘といえば嘘」どころか、「本当と言えば嘘」では?

一体何をしたかったんでしょうね?
森口氏、手術めぐる説明訂正=「うそと言えばうそ」、謝罪も―iPS治療、虚偽濃厚 (時事通信) - Yahoo!ニュース

森口氏、手術めぐる説明訂正=「うそと言えばうそ」、謝罪も―iPS治療、虚偽濃厚 (時事通信) - Yahoo!ニュース

 時事通信 10月14日(日)0時6分配信

 【ニューヨーク時事】人工多能性幹細胞(iPS細胞)を使い、米国で移植治療を行ったと主張した日本人研究者の森口尚史氏は13日午前(日本時間同日深夜)、ニューヨークで記者会見し、手術を今年2月以降、6例行ったとするこれまでの説明を訂正し、昨年6月に1例だけ実施したと述べた。従来の説明と食い違う点を突かれると、「うそと言えばうそ」と答えた。1例目についての説明も不明瞭で、主張全体が虚偽である可能性が極めて高くなった。

 森口氏は2例目以降の手術が実際には行われなかったことについて、「(事実と異なる説明をしたことに)悪意はなかった」と釈明。その上で、「私も医療者の端くれ。こうなったことはひとえに私の責任で、申し訳なかった」と謝罪した。

 一方、森口氏は1例目については、昨年6月3日に当時34歳の男性に対して行ったと主張。しかし、手術の実施場所や治療チームの構成などについて不自然な説明を繰り返した上、「手術が行われたと証明してくれる人がいない」と述べ、裏付けが困難なことを自ら認めた。


東大にはそんな研究室はない
医師免許を持っていない

とか…


【虚像】
東京医科歯科大学医学部卒業
東京大学で学位取得
東京医科歯科大学、マサチューセッツ総合病院、東大病院で多数難治手術を執刀
若干48歳でハーバード大学医学部客員講師兼東京大学教授
日本とアメリカの医師免許を持つ
気鋭のスーパードクター
世界で初めてiPS心筋移植手術に成功し一躍脚光を浴びる
iPS分野で「基礎の山中、臨床の森本」「京大の山中、東大の森口」としてお互いを認め会う仲。
山中教授への研究費偏重に警鐘を鳴らし
山中教授の永遠のライバルとして名高く多数メディアの話題を独占している。
マサチューセッツ州ボストン在住
http://livedoor.blogimg.jp/hoshusokho/imgs/9/9/99ab23fc.jpg


【実像】
東京医科歯科大学看護卒業後
看護師免許取得
東京医科歯科大学、東大と勤務場所を転々とし
主にパートの研究補助員として従事
4年間だけ期限つき助教授として常勤勤務経験あり
研究補助員としての仕事内容は
実験は行わず専らエクセル・ワード入力、研究室の掃除が主
ハーバード大学には観光ビザで聴講生経験あり
齢44にして論文博士
現在は48歳にして東大病院形成外科に時給940円の研究補助員としてパート勤務
千葉県市川市の家賃6万円1Kのボロアパートで一人暮らし
http://news.harikonotora.net/img/24838-1.jp

ネットで拾ってきた情報ですが、なんというか…。

せっかく山中教授がノーベル賞を受賞したのに、なんかこう泥を塗るような行為ですよねぇ。
 


↓ほんと、何をしたかったのかな? と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« まさに 「支那滅裂」 ですなwww | トップページ | さすが韓国の主力産業、立ってるものは親でも使えですか? »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 検証記事をいろいろ見ていますが、「嘘といえば嘘」どころか、「本当と言えば嘘」では?:

« まさに 「支那滅裂」 ですなwww | トップページ | さすが韓国の主力産業、立ってるものは親でも使えですか? »