« 【2012年日本シリーズ第2戦】行き詰まる投手戦でもGが勝利!澤村は何かを掴んだ模様です! | トップページ | 時代の最先端はディーゼル? »

2012/10/29

ムーがアップを始めているようですw

まぁ、年中こんなネタなのかもしれませんがw
カナダの学者夫妻に発見された海底での都市の跡はバミューダ・トライアングルにあるか?: The Voice of Russia

カナダの学者夫妻に発見された海底での都市の跡はバミューダ・トライアングルにあるか?: The Voice of Russia

 24.10.2012, 18:02

Prensa Latina が伝えたように、 謎のバミューダ・トライアングルと呼ばれる海域の海底調査を行っていたカナダの学者ポール・ワインツヴェルグ氏とポリーナ・ザリツキ夫人は、キューバの近くの海底に水中都市を発見した。

Prensa Latina によると、ソーナーから撮った映像には、4つのピラミッドが見え、そのうちの一つはガラス製で、又スフインクスや幾つかの一枚岩でできた構造物も見られる。さらに建物の壁には、碑文が刻まれているのも分かる。

 カナダの学者夫妻は、建物の建築様式は、古代ラテンアメリカのテオティワカン文明を思わせるものだと指摘し「これが一体何なのか分からないが、自然がこうしたシンメトリーな建築物を創り出せるとは思えない」述べている。

 夫妻は又、なぜ長い間、この海底都市について何も知られていなかったのかについて仮説を示し、アメリカ人はすでに1960年代、この海底都市を発見していたが、カリブ危機が起こったため、調査用の施設は閉じられ、発見されたものが管理下に置かれてしまったからではないかと推測している。

 面白いのは、このニュースは実のニュースではない。十年前にThe Daily News .がポール・ワインツヴェルグ氏とポリーナ・ザリツキ夫人の発見について書いていました。だが、The Daily News .によると、発見の場所はバミューダ・トライアングルではなくて、キューバの西の岸に近くの海のところです。



こういうの、ワクワクしますねぇ♪
そういえば、沖縄の海でも似た様なものが発見されたと聞きましたが、その後どうなったんでしょうか?

海底に遺跡=地殻変動で海に沈んだんでしょうから、世界中にあってもおかしくないですよね?

この本には、インドや沖縄の話も出ています。ノアの大洪水につながるような話も出ていたと思います。随分前に読んだので記憶が…w

この、グラハム・ハンコック氏の著作は知的好奇心をくすぐられるので大好きです。神々の指紋からそれは変わりませんね。

この本も大変面白く読みました♪

シャーマニズムの研究ですか、あの国は現在進行形では?: ピア 徒然見聞録


個人的に面白かったのがDNA解読の部分ですね。遺伝に無関係と思われる部分(この部分が大きな割合を占めていると書かれていたような…)を別の手法で解析するとわかったことがあり、それは何らかの文章のようなものではないかということ(すいません、うろ覚えです)。

ね?
ちょっと紹介するだけで読みたくなるでしょ?
 


↓楽しむにもコツがいるなw と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 【2012年日本シリーズ第2戦】行き詰まる投手戦でもGが勝利!澤村は何かを掴んだ模様です! | トップページ | 時代の最先端はディーゼル? »

ニュース」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71882/56000377

この記事へのトラックバック一覧です: ムーがアップを始めているようですw:

« 【2012年日本シリーズ第2戦】行き詰まる投手戦でもGが勝利!澤村は何かを掴んだ模様です! | トップページ | 時代の最先端はディーゼル? »