« 優勝! | トップページ | 余韻♪ »

2012/10/23

【日本シリーズ切符争奪戦】最終戦もG打線振るわずに4点の拙攻

しかし、優勝です!!!
Yomiuri Giants Official Web Site: 10月22日 対中 日6回戦・東京ドーム

Yomiuri Giants Official Web Site: 10月22日 対中 日6回戦・東京ドーム

運命の最終戦を制し、日本シリーズ進出決定

 勝った方が日本シリーズへ進出する大一番に臨んだジャイアンツは、二回に寺内、長野のタイムリーで3点を先制する。五回には村田がソロホームランを放ち、さらに1点を加えた。投げては先発のホールトンが5イニングを無失点で抑え、役割を果たした。その後、六回に1点を奪われるが、リリーフ陣が踏ん張り3点差で終盤へ。最終回のマウンドに登った西村は1点を許すが、最後のバッターを三塁ゴロで打ち取り試合終了。3連敗から大逆転で日本シリーズ進出を決めた。

 日本シリーズ進出をかけた重要な一戦の先発を託されたホールトンだったが、一回、2つの四球で一、二塁としてしまう。しかし、ブランコ、和田を連続三振に打ち取り、先制点は許さなかった。

 二回、先頭の高橋由がヒットで出塁すると、続く村田、古城にもヒットが飛び出す。前回の対戦で苦しんだ中日・先発の伊藤から三連打で無死満塁のチャンスを作る。ここで打席を迎えた寺内は追い込まれながらも、打球を左翼に運びタイムリーヒット。2者が生還し、貴重な先制点を挙げた。その後、犠打で二、三塁とすると長野にもタイムリーが生まれ、さらに一点を追加。3対0とし、伊藤をマウンドから引きずり下ろした。

 ホールトンは三回まで毎回走者を背負う苦しいピッチングだったが、尻上がりに調子を上げる。四回には三者凡退、五回はランナーを一人出すが、後続を打ち取り5イニングを無失点に抑えた。先発の役割をきっちりと果たしたホールトンは、この回でマウンドを降りた。

 五回、先頭の村田が中日4番手の山井から放った打球は、バックスクリーン左へ。CS第2号となるソロホームランで1点を追加し、差を4点に広げた。

 六回は一昨日に先発した澤村がマウンドに登り、総力戦の様相を呈す。澤村は長打とバッテリーエラーでランナーを三塁に置くと、内野ゴロの間に1点を失った。しかしその後は得点を与えず、最小失点で切り抜けた。

 七回、3番手で登板の山口は二死から連打を浴び、一、二塁とされる。しかし続く井端を右翼フライに打ち取り、このピンチをしのぐ。八回も続投した山口は4番から始まる好打順を三者凡退に抑え、リードを保ち試合は最終回へ。

 満を持してマウンドに登った守護神・西村だったが走者を背負うと二死から大島にタイムリーを浴び、2点差に詰め寄られる。しかし、最後は荒木を三塁ゴロに打ち取り、試合終了。3連敗で追い詰められた状況から3連勝を飾り、大逆転で3年ぶり33回目の日本シリーズ進出を決めた。試合後の胴上げでは原監督が10度宙を舞った。


いやー、よかったです。





 


今日は思わぬところからチケットが手に入ったので急遽参戦。上の息子と…と思ったものの、あいにくとバイトがあるということで、会社の人を急遽誘って行ってきました。

入ったのが2回裏でしたが、いきなりノーアウト満塁のチャンス。そこから寺内のタイムリー、ホールトンの送りバント、長野様のタイムリーと快調に攻撃して、なんと前回は苦しめられた伊藤から3点ゲット!

投げてはホールトンが5回までなんとかもってリリーフ陣に託し、澤村⇒山口⇒西村とつないでゲームセット!鮮やかに勝ちきりました。三連敗三連勝とは、なんと絵に描いたような展開でしたが♪

ホールトンは先に入っていた会社の人曰く、「いつ点を取られるかと思ってた」ということでした。まぁ、ホールトンはいつもそんな立ち上がりですよねw 点をとってもらってからはまぁまぁいい投球でした。

澤村の登板にはびっくりしましたね。おととい投げたところなのに大丈夫なんでしょうか。いくら若いとはいえねぇ…。ま、1点で抑えてくれましたのでよしとしましょう。逆に、1回投げてくれたのでその後の継投が楽になったことも事実ですしね。

村田。今日は「男村田」でしたね。ヒットにツーベースに最後はHR。さすがにスリーベースは難しいからw 守備もいいしね。いつもとは言いませんけど、これくらい打ってくれれば鬼に金棒の選手です。これは日本シリーズで5番復帰もあるかもしれませんね。

しかしながら、ドアラも残塁が多かっただけで紙一重でしたね。いい当たりが正面にいったのも何度もありましたし、少しずれていただけで結果は随分違ったものになったはずです。勝利の女神、というやつですかね。

そうそう、最後の西村コールは凄かったです。球場全体から轟いているような、そんなコールでした。まぁ、そんな中一点取られたわけですがねw あの場面はランナーは無視してもいい場面でしたので、それ自体は問題なし。このシリーズは1敗2セーブ。まさにストッパー。6試合のうちの3つの勝敗に関わっていますね。頂上決戦でも頼りにしています♪

( ´ー`)y―┛~~

で、頂上決戦はどういう先発で?杉内はまだいないようですし…。

ドーム×2、北のドーム×3、ドーム×2の試合日程ですね。ということは、最低でも二つは負けないと聖地には帰ってこれないと。ぜひもう一度優勝試合を見てみたいなぁ、聖地で♪
 


↓贅沢は敵だ! と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 優勝! | トップページ | 余韻♪ »

ジャイアンツ2012」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【日本シリーズ切符争奪戦】最終戦もG打線振るわずに4点の拙攻:

» 3連敗からの逆転 巨人が日本シリーズ進出 [FREE TIME]
セ・リーグクライマックスシリーズ第6戦。 読売ジャイアンツvs中日ドラゴンズの一戦は、今日も東京ドームでプレーボール。 [続きを読む]

受信: 2012/10/23 01:00

« 優勝! | トップページ | 余韻♪ »