« 飲み会 | トップページ | 詐欺師に理を説いても詮無いことです »

2012/10/19

【日本シリーズ切符争奪戦】第3戦もドアラが勝利、G打線振るわずに4点の拙攻

今日はなんとかなると思ったのですが…
Yomiuri Giants Official Web Site: 10月19日 対中 日3回戦・東京ドーム

Yomiuri Giants Official Web Site: 10月19日 対中 日3回戦・東京ドーム

2本塁打も実らず、延長戦の末に惜敗

 2連敗で迎えたクライマックスシリーズ・ファイナルステージ第3戦は、延長にもつれ込む大接戦の末に4対5で惜敗した。巨人は先手を取られながらも、村田の今シリーズのチーム第1号ホームラン、高橋由の2ランホームランなどで同点に追いつく粘りを見せたが、延長十回に守護神・西村がタイムリーを浴びて勝ち越しを許してしまう。追いつきたい巨人だったが、その裏の攻撃は三者凡退に倒れ、試合終了。この結果、1勝3敗で後がなくなった。

 先発の宮國は初回を三者凡退に抑えたが、続く二回、ブランコにヒットを許すと、平田、森野を連続で四球として、満塁のピンチを招いてしまう。粘りたかったが、谷繁に2点タイムリーヒットを浴び、先制点を与えてしまった。

 先手を取られた打線だったがその裏、村田が四球で出塁すると、ボウカーもヒットで続き、一死一、三塁のチャンスを作る。ここでこの日スタメン起用の寺内がしぶとく右翼にタイムリーヒットを放ち、1点差に詰め寄った。

 しかし宮國は打線が作ったリズムに乗り切れない。三回、大島の二塁打で得点圏に走者を背負うと、送りバントと犠牲フライをきっちり決められ、3点目を奪われた。

 四回、ここまでヒットが無かった村田だったが、値千金の一打を放つ。クライマックスシリーズのチーム第一号ホームランを右翼スタンドに叩き込み、反撃ののろしをあげた。

 六回からは2番手で福田が登板。これ以上の失点は避けたいところだったが、先頭の和田にホームランを許し、リードを再び2点に広げられてしまった。

 しかしその裏、打線が中日の2番手右腕・田島を捉える。一死から阿部が左翼にヒットを放つと、続く高橋由が同点の2ランホームランを右中間スタンドに突き刺し、試合を振り出しに戻した。

 同点に追いついた直後の七回は、マシソンが完璧な投球を見せて、中日打線を初回以来の三者凡退に切って取る。

 八回から登板した山口も安定感のあるピッチングで、2イニングを無失点とし、味方の勝ち越しを待った。

 しかし、八、九回は打線が完全に沈黙。ヒットを放つことができず、試合は延長十回に突入した。

 十回、満を持して登板した守護神・西村だったが、2本のヒットで一死一、三塁のピンチを招くと、代打・堂上剛にタイムリーヒットを浴び、土壇場で勝ち越しを許してしまった。

 後が無くなった打線はその裏、相手の守護神・岩瀬に完璧に抑え込まれ万事休す。対戦成績を1勝3敗とし、相手に王手をかけられてしまった。


ちぐはぐな試合展開でしたね。取っては取られでは、なかなか追いつけないのも当然です。

なぜかレギュラーシーズンのように投手が粘れていませんね。打線がなかなか打てないのはいつものことなんですが、それでも勝てていたのは投手が粘ったからです。それがなくなっている今はこんなものなのでしょう。

1-3で王手を掛けられていますが、この分ではあっけなく終戦となりそうですね。いつかの日本シリーズのように、三連敗四連勝なんてのはそうそうできるものではありませんしね。

Photo
 


↓もう終戦か? と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 飲み会 | トップページ | 詐欺師に理を説いても詮無いことです »

ジャイアンツ2012」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【日本シリーズ切符争奪戦】第3戦もドアラが勝利、G打線振るわずに4点の拙攻:

« 飲み会 | トップページ | 詐欺師に理を説いても詮無いことです »