« 江南スタイルのビデオ、youtubeのランキングが復活しているそうです | トップページ | リニア新幹線の中間駅ってそもそもいるんでしたっけ? »

2012/10/18

【日本シリーズ切符争奪戦】第2戦もドアラが勝利、G打線振るわずに2点の拙攻

今日も全く打てませんでしたねぇ。どうなってるんだろうか?
Yomiuri Giants Official Web Site: 10月18日 対中 日2回戦・東京ドーム

Yomiuri Giants Official Web Site: 10月18日 対中 日2回戦・東京ドーム

終盤の追い上げも及ばず 連敗を喫する

 中日ドラゴンズとのクライマックスシリーズ・ファイナルステージの第2戦は、先発のホールトンが4回途中までに3点を奪われる苦しい試合展開になった。打線は、一回に坂本がタイムリー二塁打を放ったものの、二回以降は沈黙。終盤の八回に長野のタイムリーヒットで追撃したものの、2対5で敗れた。きのうに続き敗戦のジャイアンツは、アドバンテージを含めて1勝2敗となった。

 一回、ホールトンは、大島に投内野安打を許すと、井端には四球を与え一、二塁のピンチを迎えた。しかし、和田、ブランコを連続三振に仕留め先制点を許さなかった。

 その裏、先頭の長野が中堅へのヒットで出塁。一死後、坂本の右翼線への二塁打で、長野が一塁から一気にホームを陥れ、待望の先制点を奪った。

 しかし二回、平田、森野の連打などで無死満塁とされると、先発投手の伊藤にタイムリー内野安打を打たれ、同点に追いつかれた。さらに続く大島のあわや一、二塁間を抜けそうな当たりを藤村が好捕したが、その間に勝ち越し点を奪われ1対2となった。

 ホールトンは、四回にも荒木にタイムリーヒットを浴び、3点目を許したところで降板。毎回のように得点圏に走者を背負う投球で、味方に流れを引き寄せることができなかった。その後を受けた小山は、続くピンチを抑え、追加点は許さなかった。

 六回、小山が大島にソロホームランを打たれ、リードを3点に広げられた。その後もヒットと四球で一死満塁とされたが、ブランコ、平田を連続三振に切って取り、逆転への望みを繋いだ。

 反撃に出たい打線もだったが、二回から5イニング連続で三者凡退に抑えられ、得点のきっかけすら作ることができなかった。

 七回を高木京、八回を高木康のリレーで中日打線を三者凡退に抑え、味方の援護を待つ。

 八回、亀井の内野安打、松本哲の四球で一、二塁とし、絶好の得点機を迎える。古城は投ゴロに抑えられたが、代わったばかりの中日・浅尾から長野が右翼へのタイムリーヒットを放ち、2点差に迫った。さらに二死一、三塁で、代打の切り札・石井を投入したが、遊撃ライナーに倒れ、追いつくことはできなかった。

 九回は、抑えの西村がマウンドに上がった。しかし満塁から谷繁に犠牲フライを打たれ、痛い追加点を許した。

 九回裏、3点差を追いかける打線は、先頭の坂本が左翼へのヒットで出塁。しかし、後続が倒れ2対5で敗れた。


ホールトンも撃沈…、というか難破という感じですねぇ。2回が全てでした。谷繁への四球、伊藤の内野安打…。これではだめでしょう。1,3塁だったので3塁ランナーは消して投球すればまだ活路もあったように思いますが…。回も浅かったんですしね。

小山が登板。HRは打たれましたが、きっちり戦力になっていますね。あとフランケン。出来は良くなかったようですが、それでも1点に抑えていますしねぇ。

( ´ー`)y―┛~~

それにしても中軸がここまで打てないと得点能力は激減しますね。ネ申にもやっとヒットは出ましたけど、村田はまだ出ていない?長野様と坂本は復活しつつありますから、あとは4番以降でしょう。でも、ネ申も調子が悪いわけではないと思います。しっかりと自分のタイミングやスイングで打っていますしね。5番以降かなぁ…。

さぁ、言い訳はこのへんで失礼します。明日は信じています。
 


↓先発誰? と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 江南スタイルのビデオ、youtubeのランキングが復活しているそうです | トップページ | リニア新幹線の中間駅ってそもそもいるんでしたっけ? »

ジャイアンツ2012」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【日本シリーズ切符争奪戦】第2戦もドアラが勝利、G打線振るわずに2点の拙攻:

« 江南スタイルのビデオ、youtubeのランキングが復活しているそうです | トップページ | リニア新幹線の中間駅ってそもそもいるんでしたっけ? »