« 言うだけ番長は外国人献金の他にも事務所費の不正受給もあったようですねぇ | トップページ | 竹島テロリストにIOCから証明書が発行されたそうですが »

2012/10/31

【2012年日本シリーズ】バッテリーが追い上げムードに水を差しているようでは勝てません

あの2点は大きかったです、それだけに惜しい試合になりましたね
Yomiuri Giants Official Web Site: 10月30日 対日本ハム3回戦・札幌ドーム

Yomiuri Giants Official Web Site: 10月30日 対日本ハム3回戦・札幌ドーム

序盤の失点重く3連勝ならず

 ホームで2連勝して敵地・札幌ドームで迎えた北海道日本ハムファイターズとの日本シリーズ第3戦は、序盤から大きなリードを許す苦しい試合となった。ジャイアンツは先発のホールトンが二回につかまり三回途中で降板。打線は五回に坂本、八回に石井がタイムリーを放つなど反撃に出たがあと一本が出なかった。ホールトンの後を任されたリリーフ陣も自らのミスなどによりゲームの流れをつかむことができないまま敗れた。

 先発のホールトンは初回を三者凡退に抑え幸先の良いスタートを切った。

 しかし、二回に一死から稲葉に本塁打を浴び、先制を許す。その後も四球とヒットで二死一、三塁ピンチを招くと金子誠の三遊間への当たりは内野安打となり、2点目を与えてしまう。

 さらに三回、ホールトンは四球でピンチを招くと稲葉、小谷野に連続タイムリーを浴びる。松本哲の好返球により5点目は阻止したもののホールトンは三回途中で降板した。2番手の高木康もホフパワーにタイムリーを許して5点目を献上し、敵の流れを止めることができない。
 
 五回、先頭の亀井と寺内ががヒットで出塁して無死一、三塁のチャンスを作る。続く長野は併殺打となったがその間にようやく1点を返した。さらに二死から松本哲がヒットと盗塁でチャンスを作ると、坂本のタイムリーでこの回2点目を奪った。

 その裏、3番手としてマウンドに上がった小山が、二死後から満塁のピンチを招いてしまう。しかし金子誠のセンターへの鋭い当たりを松本哲の好捕でなんとか無得点に抑えた。

 六回も任された小山だったが一死二塁となった場面で3番手の高木京にマウンドを譲った。糸井を簡単に打ち取って二死三塁としたが、続く中田の打席で痛恨の暴投。終盤に2対6と4点差とされてしまう。

 なんとか反撃に転じたいジャイアンツは、八回に先頭の松本、坂本、實松と3連打で無死満塁と絶好のチャンスを迎える。ここで代打・石井が内野安打を放ち1点を返した。なおも満塁のチャンスだったが、亀井が打ち取られ点差を詰めることができなかった。

 八回、2イニング目となったゴンザレスが暴投により失点。再び4点差となった。

 最終回は二死から松本哲、坂本が連打で意地を見せたが後続が打ち取られ試合終了。敵地での初戦は大事な場面でミスが出て敗戦し、日本一へ王手とはならなかった。


追い上げムードになったら、バッテリーエラーで失点を繰り返しているようではだめですねぇ。

2-5 から1失点。
3-6 から1失点。 これではねぇ ┐(´∇`)┌

それはそれとして、松本は素晴らしいプレーでしたね。稲葉選手の当たりももう少しで捕球できた感じですし、金子選手の当たりも前進守備だったとはいえ好捕したし、さすがにゴールデングラブ賞選手です。打つ方も猛打賞+一盗塁ですし、完璧に2番打者の役目を果たしてくれましたね。

坂本も不調だったことは嘘のような猛打賞でした。タイムリーもありましたし、打線は主軸の奮起を期待したいですね。

さて、打線はいい感じですが明日の先発は?宮國?
 


↓早く決めて欲しいけどトームにも来て欲しいという矛盾w と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 言うだけ番長は外国人献金の他にも事務所費の不正受給もあったようですねぇ | トップページ | 竹島テロリストにIOCから証明書が発行されたそうですが »

ジャイアンツ2012」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【2012年日本シリーズ】バッテリーが追い上げムードに水を差しているようでは勝てません:

« 言うだけ番長は外国人献金の他にも事務所費の不正受給もあったようですねぇ | トップページ | 竹島テロリストにIOCから証明書が発行されたそうですが »