« 飲み会 | トップページ | 今日は大田と藤村がよかったですね »

2012/09/29

やはり、天才や谷の存在は大きいということでしょうね

やっとこさ引き分けに、しかも相手のストッパーの暴投で追いつくとは…。ベイも最近は力が出てきたということでしょうか?
Yomiuri Giants Official Web Site: 9月28日 対DeNA20回戦・横 浜

Yomiuri Giants Official Web Site

九回に追いつき、執念の引き分け

 横浜DeNAベイスターズとの20回戦は先発の内海が立ち上がりを攻められ、先制点を奪われる。内海は中盤にも追加点を許し、5回途中3失点でマウンドを降りた。打線は六回に満塁で代打の長野が2点タイムリーヒットを放ち1点差に迫ると、九回二死からバッテリーエラーの間に三塁走者の矢野が生還、同点に追いついた。その裏は福田が無失点に抑え、規定により3対3の引き分けで試合終了となった。

 一回、一死からこの日一軍に登録されたボウカーが右中間に二塁打を放ち、先制のチャンスを作る。その後、一、二塁とするが、後続が倒れ、得点には結びつかなかった。

 二回、先発の内海は先頭にヒットで出塁を許すと、その後も四球とヒットで満塁のピンチを招く。すると荒波にタイムリー内野安打を浴び、先制点を献上してしまった。

 内海は三回にも無死から二塁打と四球で一、二塁としてしまう。しかし、ここはこの日サードでスタメン起用の中井が好捕し、ダブルプレー。続く打者も三振に切って取り、この回は無失点に抑えた。

 なんとか同点に追いつきたい巨人だが、DeNAの先発・国吉から5回まで1安打に抑えられ攻撃の糸口をつかむことができない。

 先制点を許した後は、走者を背負いながらも粘りのピッチングを見せていた内海だったが、五回、先頭打者にヒットを浴びる。盗塁などで三塁まで走者を進めてしまうと、ここでラミレスにタイムリー内野安打を打たれ、追加点を奪われた。その後もタイムリー二塁打を許し、点差を3点に広げられたところで内海はマウンドを降りた。なおも二、三塁のピンチだったが、2番手の野間口が好リリーフを見せ、これ以上の失点は許さなかった。

 六回、二死から阿部がヒットで出塁。続く大田、中井が連続で四球を選び満塁とすると、このチャンスで巨人ベンチは長野を代打で起用する。長野はこの期待に応え、右翼に2点タイムリーヒット。1点差まで詰め寄り、ここまで苦しんでいた国吉をマウンドから引きずりおろした。

 その裏は野間口がヒットを許すが、無失点に抑える。七回には3番手の高木康がこの試合初の三者凡退に打ち取り、攻撃にリズムを与える。

 八回には走者を二塁に置いて坂本が代打で登場するも、中堅フライに倒れた。DeNA中継ぎ陣からランナーを出すものの、あと一本が出ず得点を奪うことができない。

 その裏はビハインドながら山口を投入し、勝利への執念を見せる。山口は一、二塁とされるが、これを切り抜け九回の攻撃を待つ。

 九回、先頭の矢野が四球で出塁し、寺内の送りバントで得点圏に走者を進める。すると、DeNA・抑えの山口が代打・村田の打席でワイルドピッチを犯し、矢野が生還。土壇場で同点に追いついた。

 その裏は福田が登板。先頭に四球を与えるが、後続をきっちりと打ち取った。この時点で3時間半が過ぎていたため、規定により引き分けた。


松本
ボウカー
エドガー
ネ申
大田
中井
藤村
實松

スタメンがまったく変わってしまいましたね。CSを睨んだ試験と主力の休養という面が大きいのでしょうけど、さすがにそこまで落とすと(失礼)この結果になったということでしょう。

長野様はさすがですね。一打席で決めました。
ボウカーは久しぶりに出てきましたが、2安打。良い感じ?でもCSで通用するのか?

投げる方は3点に抑えていますので、やっぱり打線ですなぁ。

勝敗はあまり関係はない状況ですが、それにしてもいやな引き分けです。なんだか打線も湿りがちに見えるのは気のせいでしょうか?
 


↓不吉なことを言うんじゃないよ と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 飲み会 | トップページ | 今日は大田と藤村がよかったですね »

ジャイアンツ2012」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やはり、天才や谷の存在は大きいということでしょうね:

« 飲み会 | トップページ | 今日は大田と藤村がよかったですね »