« 新潟トレッキング旅行顛末記 | トップページ | 祝♪71万ヒット達成! »

2012/09/17

【マジック5】いくら小山が好投しても0点では勝てません

逆にさばさばした気持ちで明日に挑んで欲しいですね。ソトは前回打っていますしね♪
Yomiuri Giants Official Web Site: 9月17日 対中 日22回戦・ナゴヤドーム

Yomiuri Giants Official Web Site: 9月17日 対中 日22回戦・ナゴヤドーム

小山が好投も援護できず…首位攻防初戦は完封負け

 マジックを5とし、その対象チームである中日ドラゴンズとのナゴヤドームでの3連戦初戦が行われた。巨人は地元・愛知県出身の小山が先発し、七回まで無失点と好投したが、八回に3連打を浴び2失点を喫した。打線も中日の投手陣の前に沈黙し、完封負け。マジックを減らすことはできなかった。

 小山は初回、先頭の大島を振り逃げで出塁させてしまう。しかし、後続を断ち、無失点に抑える。

 四回、長野がチーム初ヒットを放つと、藤村は送りバントを決めて得点圏に走者を進めた。その後、二死二塁で阿部への初球を投じた際に中日のエース吉見がアクシデントにより降板した。緊急登板した武藤に対し、一気に畳み掛けたいところだったが阿部は中堅フライに倒れた。

 その裏、小山は一死から井端に二塁打を許す。しかし、続く森野を三塁フライ、堂上剛を空振り三振に仕留めた。

 小山は五、六回を連続で三者凡退に封じる好投で、打線の援護を待つ。

 すると七回、阿部のヒットと高橋由の四球で一死一、二塁とチャンスを作る。しかし村田、亀井が倒れて得点することができない。

 八回、代打・矢野が中堅にヒットを放つ。さらに代走の鈴木尚が盗塁を決め、長野の二塁ゴロで二死三塁とチャンスを広げた。ここで代打の谷が鋭い打球を放つもセカンド正面のライナーとなり、またしても均衡を破れなかった。

 その裏、代打の野本に二塁打を許した小山は、続く大島にも右翼前に運ばれ、一死一、三塁とこの試合最大のピンチを招いた。ここで荒木の三塁線への打球がベースに当たり、二人の走者が生還するタイムリー二塁打となった。

 九回は坂本がピッチャー強襲のヒットで出塁すると、阿部もヒットで続き無死一、二塁とした。しかし、高橋由は一塁併殺打、村田は遊撃ゴロに倒れ、試合終了。最後まで本塁が遠く完封負けを喫した。


しかし、この大事な試合でもピンチで小山続投したというのは驚きですね。不運な当たりだったとは言え結果的には先制されてしまったのですが、あそこで山口などに交代しなかったことに逆に意味を感じるのは私だけではありますまい。8回表に代打が出なかったのにも驚きですけどね。監督をはじめベンチの中では、小山は確実に階段を上がっているということでしょう。

ま、打線はいい投手にかかればこんなものですよ。吉見が早くに降板したのは何か理由があるんでしょうか。そこも気になったりしますね。

( ´ー`)y―┛~~

というか昨日もそうなんですけど、こんな大事な試合なのに中継がないんですね。BSでもない。BS日テレでもない。寂しいもんです。
 


↓1勝くらいはしないと今週中の胴上げが難しくなるぞ と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 新潟トレッキング旅行顛末記 | トップページ | 祝♪71万ヒット達成! »

ジャイアンツ2012」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【マジック5】いくら小山が好投しても0点では勝てません:

« 新潟トレッキング旅行顛末記 | トップページ | 祝♪71万ヒット達成! »