« 尖閣諸島寄付金速報(8/31まで) | トップページ | ゲリラ豪雨 »

2012/09/02

【マジック20】違う意味で「大田デー」でしたが、そこを救ったのが投手陣と村田ですね♪

特に村田は全打点でした!やっぱり昨日のHRから何か変わったのでしょうかね♪
Yomiuri Giants Official Web Site: 9月2日 対DeNA19回戦・東京ドーム

Yomiuri Giants Official Web Site: 9月2日 対DeNA19回戦・東京ドーム

村田勝ち越し弾、接戦を制する

 前日に大勝して迎えた横浜DeNAベイスターズとの19回戦は投手戦となった。両チームともに得点を挙げられないまま迎えた六回、村田のタイムリーで均衡を破り、巨人が先制点を奪った。その後、同点に追いつかれたが、八回にまたも村田が第11号ソロホームランを放ち、勝ち越しに成功。接戦を競り勝った巨人は4連勝となった。

 先発の宮國は序盤、毎回ランナーを許しながらも、要所を締めるピッチングでDeNA打線に得点を許さない。四回にも二死から四球とヒットで一、二塁のピンチを招くが、その後の打者を打ち取り先制点は与えなかった。

 宮國を援護したい打線だったが、DeNA・先発の加賀美に封じ込められ、三回まで二塁を踏ませてもらえない。四回には阿部の四球と村田のヒットで一、二塁のチャンスを作ったが、後続が続かず無得点に終わった。

 宮國は五回にも三塁に走者を進めるが、DeNAの4番・ラミレスを一塁ファウルフライに仕留め、このピンチを脱する。六回はこの試合で初めて三者凡退に抑え、攻撃へリズムを与える。

 その裏、先頭の松本哲がヒットで出塁する。続く坂本も内野安打で続き、チャンスを広げる。その後、一死一、三塁とすると、村田が左翼にタイムリーヒットを放ち、松本哲が生還して、均衡を破った。

 七回も三者凡退で仕留めた宮國はこの回で降板。7イニングを無失点に抑え、リリーフ陣に後を託す。

 しかし八回、2番手で登板の山口が長打とエラーで一、三塁のピンチを迎え、筒香の打球を一塁の大田が野選して、同点に追いつかれてしまう。その後も二、三塁と一打勝ち越しの場面だったが、代打・渡辺直の打球を中堅の鈴木尚が好捕し、この場面を切り抜けた。

 その裏、二死から村田が左翼スタンド上段に運ぶ第11号ソロホームランを放つ。二試合連続の一発で勝ち越しに成功した。

 九回は3番手の西村がマウンドに登る。先頭を四球で出すが、続く打者を併殺に切って取る。最後の打者を空振り三振に仕留め試合終了。終盤までもつれる展開だったが競り勝ち、4連勝となった。


投手陣が素晴らしいです。結局エラー絡みの1失点だけですしね。山口に失点がついたのは心外ですが。
それと、できれば宮國投手に勝ちをつけてあげたかったですねぇ。結果的には無失点で7回投げきりましたので、また階段を上がったようですので、余計にね。

村田、ヒロインでこんなことを言ったようですね。


マジックを減らす野球は初めてです。色んな体験をさせてもらいながらチームメートと一緒に野球をやっていますが、これがいつか肥やしとなって、本当にジャイアンツにきてよかったなと思えるシーズンにしたいです

マジックを減らす野球は初めてです

それをしたいからFAで移籍したんですから、毎日の重圧を楽しんで打ちまくってもらって、結果を待っています♪
 


↓もうすぐそこに見えてるぞ! と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 尖閣諸島寄付金速報(8/31まで) | トップページ | ゲリラ豪雨 »

ジャイアンツ2012」カテゴリの記事

コメント

大田の土曜日のセンターの守備を見て、いいんじゃないって思いましたが、やはり鈴木の方がいいですね。やっぱり実績と経験が違いましたね。(^^ゞ

投稿: たかはG | 2012/09/02 23:09

こんばんわ^^

>たかはGさん
本職ですからね。大田も足は速いようですので、外野向きではありますが。

投稿: ピア | 2012/09/03 22:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【マジック20】違う意味で「大田デー」でしたが、そこを救ったのが投手陣と村田ですね♪:

« 尖閣諸島寄付金速報(8/31まで) | トップページ | ゲリラ豪雨 »