« 久しぶりの「最高です!」を聞けたドームのファンは、文字通り最高だったでしょう♪ | トップページ | バカはバカでも、一線を越えたバカは排除されると思え »

2012/08/10

うーーーん、負けてしまう流れだったのですが石井が救ってくれましたね

そのあとはフランケンと山口様で当然のように0封。頼もしい限りですな♪
Yomiuri Giants Official Web Site: 8月10日 対ヤクルト12回戦・東京ドーム

Yomiuri Giants Official Web Site: 8月10日 対ヤクルト12回戦・東京ドーム

代打・石井の一打で接戦を制す

 セ・リーグ5球団で唯一負け越している東京ヤクルトスワローズとの12回戦は、巨人が接戦を制してカードの初戦を飾った。巨人は三回に2点を先制すると、四回にも村田の本塁打で序盤に3点をリードした。しかし、七回に内海が1点差とされると、代わった田原は同点タイムリーを許してしまう。嫌なムードとなったが、同点とされたその裏に代打の石井が勝ち越しのタイムリーを放ち、巨人がそのまま逃げ切った。


 内海は今季0勝3敗と苦手としているヤクルト相手に、好調な立ち上がりを見せる。二回はヒットと四球で一死一、二塁のピンチを背負うが、連続三振で切り抜ける。

 一方打線は、一回、二回と抑え込まれるも三回に一死から加藤が今季初ヒットで出塁すると、相手のミスもあり一死一、二塁のチャンスを迎える。ここで長野が中堅越えのタイムリー二塁打を放ち先制。さらに松本の犠牲フライで2点目を加えた。

 四回には村田のソロ本塁打でリードを3点に広げた。

 四回まで無失点に抑えていた内海だったが、五回に二死からソロ本塁打で1点を失った。

 その後も内海はランナーを背負うピッチングが続くが、粘りの投球でソロ本塁打での1点に抑えていた。しかし七回に代打・川本にソロ本塁打を浴び、1点差に迫られる。二死後、ヒットを許したところで内海はマウンドを田原に譲った。

 代わった田原は四球でピンチを広げると、畠山に同点のタイムリー二塁打を許す。勝ち越しは許さなかったものの、これで試合は振り出しに戻った。

 同点に追いつかれた直後の七回裏、二死から寺内が投手強襲のヒットで出塁。続く加藤が四球を選び、二死ながら一、二塁のチャンスを作ると代打・石井が右翼にタイムリーを放ち、すぐさま勝ち越しに成功する。

 八回は西村が三者凡退に抑え、1点リードのまま最終回へ。山口も三者凡退で締めて接戦をものにした。


内海、なんとか7回くらいは投げ切って欲しいところでしたがねぇ。全く試合は見ていませんのでなんとも言えませんが。スコアブックを見ている限りはなかなか粘りのピッチングだったように感じますけど。

村田のHRはすごい当たりでしたね。中段ですか、よく飛びました。でも、この間のHRと同じく、外角高めの甘い球ですよね。確かに甘い球をHRすることも凄いですが、厳しい球をヒットや長打を打つのが中軸打者の務めだと思います。そういう段階になってほしいものです。

( ´ー`)y―┛~~

しかしまぁ、打線がここまで低調なのに6連勝というのはどういうことでしょうか。投手にしわ寄せが来ているってことですよね。精神的に追い詰められた状態で投げていると、そのうち肉体的にもダメージが出るのでは?

それが心配ですよね。

目先の1勝よりも優勝です。自軍の投手にプレッシャーを掛けるようなことのなきよう、お願いしたいものです。
 


↓まぁ、相手もエース級だしw と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 久しぶりの「最高です!」を聞けたドームのファンは、文字通り最高だったでしょう♪ | トップページ | バカはバカでも、一線を越えたバカは排除されると思え »

ジャイアンツ2012」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: うーーーん、負けてしまう流れだったのですが石井が救ってくれましたね:

« 久しぶりの「最高です!」を聞けたドームのファンは、文字通り最高だったでしょう♪ | トップページ | バカはバカでも、一線を越えたバカは排除されると思え »