« LINEというSNS?アプリの危険性について | トップページ | 韓流ショップは流行っているのか閑古鳥なのか、どっちなのか? »

2012/08/29

相手の四番に二度も失投を投げていれば、こういう結果になります

結果は2-4の接戦でしたが、なんか観ていても負けの雰囲気がずっと漂っていましたよね
Yomiuri Giants Official Web Site: 8月29日 対中 日20回戦・盛 岡

Yomiuri Giants Official Web Site: 8月29日 対中 日20回戦・盛 岡

2桁安打もあと一本が出ず惜敗

 盛岡に場所を移して、中日ドラゴンズとの東北シリーズ第2戦が行われた。序盤に3点をリードされたものの、阿部、長野のタイムリーで、一時は1点差にまで迫った。しかし、八回にホームランで再び2点差とされると、その後はドラゴンズの救援陣に抑えられた。打線は10安打を放ったものの得点に結びつけることができず、首位攻防戦で痛い連敗を喫した。

 プロ2度目の先発となった江柄子は初回、一死から森野に右翼線に二塁打を許す。その後四球などで二死一、二塁とされたが、井端を二塁ゴロに抑えた。

 その裏、長野が初球を右中間へ二塁打と放つと、松本哲がバントヒットで続いた。坂本はセーフティスクイズを試みるも一塁ファウルフライに倒れた。さらに二死満塁で村田が打席に立ったが左翼フライで先制できなかった。

 江柄子は二回、無死一塁から堂上剛に中堅越えのタイムリー二塁打を許し、先制点を奪われた。さらに無死二塁とピンチは続いたが、後続は打ち取り最小失点に抑えた。

 三回、和田の打球を村田が悪送球して出塁を許すと、続くブランコにはバックスクリーンへ2ランホームランを浴び、リードを3点に広げられた。

 江柄子は四、五回を連続で三者凡退に打ち取り、先発としての役割を果たした。

 五回裏、先頭のエドガーが左翼へヒットを放つが、寺内は三振ゲッツーに倒れ、反撃のチャンスを逃した。

 六回からは福田が登板して無失点に抑えて流れを引き寄せる。その裏、長野が二塁ゴロ失策で出塁すると、坂本もヒットで一死一、二塁とチャンスを広げる。阿部は中堅にタイムリーヒットを放ったが、2番手のソーサに後続を絶たれ、追加点を奪えなかった。

 七回、代打の藤村が中堅にヒットを放つ。続く代打・古城の左翼へのヒットで藤村が一気に三塁に進み、無死一、三塁とした。このチャンスで長野が中堅にタイムリーヒットを放ち、1点差に詰め寄る。しかし、続く坂本は三塁ゴロ、阿部は中堅フライに倒れ、畳み掛けられなかった。

 八回は3番手で田原がマウンドへあがったが、ブランコにこの試合2本目のホームランを浴びて2点差となった。

 九回、一死から長野が猛打賞となるヒットを放ったが、続く松本哲が二塁ゴロ併殺に倒れて試合終了。大事な首位攻防3連戦での負け越しが決まった。


初回ですよね、初回の相手のミスにつけ込んで得点できないのが不調のチームでしょう。のーあうと1,3塁でクリーンアップという、これ以上ない絶好の好機で後続に外野フライさえでないとは情けないです。特に村田。ヒットを打てとまでは言いませんが、二度目の満塁は犠牲フライを打つ場面でしょう。きっちり決めてくれないと…。エラーは珍しかったですが、その次にホームラン打たれてしまいました…。あそこは江柄子の失投ですね。あんなど真ん中?にストレートを投げていてはあきまへん。

ブランコといえば田原も失投でしたね。あの変化球?は低めに投げないと…。中途半端な高さでした。

( ´ー`)y―┛~~

三連敗だけしなければいい、というカードで二連敗とは。明日は内海で必勝。これしかありません。でもまぁ、負けてもまだゲーム差は4もあります。焦らずに無理せず、9月の決戦に向けて体制を整えながら…という戦いを期待したいです。

幸い、ドアラのカードを終えればリハビリカードが待っていますので(爆
 


↓余裕かましてたらいかれるで? と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« LINEというSNS?アプリの危険性について | トップページ | 韓流ショップは流行っているのか閑古鳥なのか、どっちなのか? »

ジャイアンツ2012」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 相手の四番に二度も失投を投げていれば、こういう結果になります:

« LINEというSNS?アプリの危険性について | トップページ | 韓流ショップは流行っているのか閑古鳥なのか、どっちなのか? »