« オリンピックパレード、皆さん銀座に行かれましたか? | トップページ | 韓国の輸出業はこれだけのウォン安でも景気悪いらしいです »

2012/08/22

太陽が自然界で一番丸いって言われても、規模がでかすぎて何とも比較できませんしw

その丸いものを使うことも手に取ることもできませんしw
ニュース - 科学&宇宙 - 太陽は自然界で最も丸かった(記事全文) - ナショナルジオグラフィック 公式日本語サイト

ニュース - 科学&宇宙 - 太陽は自然界で最も丸かった(記事全文) - ナショナルジオグラフィック 公式日本語サイト

Dave Mosher
for National Geographic News
August 21, 2012

 観測衛星の最新データによると、太陽は自然界で最も丸い物体であることがわかった。

 太陽の形状変化は、数世紀前から研究が続けられてきた。わずかな違いで明るさも変わり、地球の天気や気候が大きく影響を受けるからだ。

 しかし、地上からの正確な測定は、大気の乱れで光が屈折するので難しい。この問題は観測衛星の打ち上げで解決されたが、解像度の粗さが新たな障害となった。自転する太陽を明瞭に撮影できなければ、測定精度の向上は望めない。

「ほぼ真球の太陽は、丸さの歪みを読み取るのが難しい。高精度の観測が実現したのはここ数年だ」と、研究を指揮したジェフリー・クーン(Jeffrey Kuhn)氏は話す。同氏はアメリカ、ハワイ大学の物理学者で太陽の調査を行っている。

 近年の測定精度の向上には、NASAのソーラー・ダイナミクス・オブザーバトリー(SDO)も貢献した。2010年2月に打ち上げられた太陽観測衛星で、高解像度カメラを搭載している。

◆予想以上に丸い

 数年周期の形状変化の要因として、重力、自転、磁気、および表面下のプラズマ乱流が候補に挙がっていた。

 重力と自転については、年や月、日の単位で影響する可能性が以前の研究で否定されている。ちなみに、太陽の自転周期は赤道付近で25日、磁気活動は11年をパターンとしている。

 その後、磁気を対象とする研究も行われたが、納得できる結論は出ず、クーン氏のチームがSDOを使って改めて観測。2年半がかりで約5万点の高解像度画像を撮影した。

 SDOのデータから、太陽が直径1メートルのビーチボールだとすると、最も膨らんでいる部分と最もへこんでいる部分の高低差は約17ミクロンと明らかになった。髪の毛1本の幅もない。

-- 後略 --


1mの直径として17ミクロン?

1m=100cm=1000mm=1000000ミクロン。で高低差が17ミクロンってことは、真球度は?

1-17/1000000*100(%)=99.9983%?

あ、これって真円度か…?

どちらにしても凄いな、自然にできてこれか…。自然というか、宇宙は神秘に満ち満ちていますね。最新の科学でも、自然界の昆虫のものまねをするとか、そういうものもありますので、自然に学べというのがキーワードかも。
 


↓素材系でそういうのが多いような と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« オリンピックパレード、皆さん銀座に行かれましたか? | トップページ | 韓国の輸出業はこれだけのウォン安でも景気悪いらしいです »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 太陽が自然界で一番丸いって言われても、規模がでかすぎて何とも比較できませんしw:

« オリンピックパレード、皆さん銀座に行かれましたか? | トップページ | 韓国の輸出業はこれだけのウォン安でも景気悪いらしいです »