« クリーンアップが大活躍すれば、こういう展開になりますね♪ | トップページ | そりゃー、日本は韓国とサッカーしたくないわw »

2012/08/05

今日は三浦大輔投手が可哀想な試合でした

勝っても後味が悪いですよねぇ、こんな試合では…
Yomiuri Giants Official Web Site: 8月5日 対DeNA13回戦・横 浜

Yomiuri Giants Official Web Site: 8月5日 対DeNA13回戦・横 浜

投手戦制し3連勝 宮國は3勝目

 このカード3連勝を目指して臨んだ横浜DeNAベイスターズとの13回戦は、宮國と三浦の両先発による投手戦となった。五回に松本哲の2点タイムリーツーベースで先制した巨人が、1点返されながらもロースコアのゲームを制した。宮国は七回を投げ、ソロホームランによる1失点のみと好投し、5月1日以来の白星となる3勝目をあげた。

 一回、先頭の長野が四球で出塁すると、松本哲は送りバントを決める。坂本の右翼フライで長野が三塁を落としいれ、二死三塁とチャンスを広げたが、阿部は二塁ゴロに倒れた。

 一方の宮國は一回を三者凡退に抑えると、その後も四回まで一人の走者も許さない完璧な立ち上がりを見せた。

 三回、二死から松本哲が遊撃への内野安打を放つと、すかさず二盗を決める。しかし、続く坂本は空振り三振で先制することはできなかった。

 先制点を奪いたい打線は五回、古城が遊撃内野安打で出塁する。藤村は遊撃ゴロで走者が入れ替わると、その藤村が盗塁で得点圏へ進む。さらに長野の二塁内野安打などで二死二、三塁のチャンスとすると、松本哲の左翼への2点タイムリー二塁打で先制した。

 直後の五回裏、宮國は後藤にソロホームランを浴び1点差に詰め寄られたが、後続は打ち取った。

 宮國は七回裏にも先頭の中村に強襲ヒットを許すと、二死から渡辺に四球を与え一、二塁と得点圏に走者を背負った。それでも金城を遊撃ゴロに仕留め、リードを守った。

 八回のマウンドには2番手の山口が上がり、代打の小池、ルイーズを打ち取ると荒波も一塁ゴロに仕留め、流れを引き寄せた。

 九回にはDeNAの2番手・菊地から3つの四球を選び、二死満塁のチャンスを迎えたが、長野が遊撃ゴロに倒れて追加点をあげることはできなかった。

 最終回は3番手で西村が登板。しかし、先頭の内村を遊撃ゴロ失策で出塁させてしまう。続く中村には四球を与えサヨナラの走者も許してしまう。それでもラミレスを遊撃ゴロ併殺に打ち取り、最後は渡辺を中堅フライに仕留めて試合終了。このカード3タテを決めた。


5回の二つの内野安打は両方共アウトでしょう。ビデオで見ればはっきりわかります。審判は見れないとはいえ、一つ目の古城のときなんて、セーフの判定に古城がびっくりしてずっこけていましたよね?しかも、そういうときにふらふらーーーっと打球が上がったのがレフト… orz ネ申レスでは無理でしょうっていう当たりです。

結局得点はこの2点だけでしたし、もしかして正しい判定が下っていればGは逆に完封負けを喫していたかもしれません。それくらい三浦の出来はよかったです。もちろん、宮國の出来も良かったですね。5回だけでした。しかも1発だけ。

そういうしまった試合だからこそ、誤審はいただけなかった。

( ´ー`)y―┛~~

松本は最近いいですね。働きがいい。フラットヒットはあれとして、盗塁もあったし犠打もあったし。復活かな?当分スタメンで使ってあげて欲しいです。外野もしまるしね。

ということで、最後はすっきりしませんでしたけどリハビリ終了。週明けからはトラ退治でまた頑張ってもらいましょう!
 


↓エースでも勝てないとなると重症だなぁ… と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« クリーンアップが大活躍すれば、こういう展開になりますね♪ | トップページ | そりゃー、日本は韓国とサッカーしたくないわw »

ジャイアンツ2012」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日は三浦大輔投手が可哀想な試合でした:

« クリーンアップが大活躍すれば、こういう展開になりますね♪ | トップページ | そりゃー、日本は韓国とサッカーしたくないわw »