« 事情があって帰国できない不法滞在者がいるからなんだというのか? | トップページ | ロシアにも歴史をコリエイトする人がいたのか »

2012/07/04

エースの負けは痛い。自滅的な負けとはいえ、この試合は打線の奮起が欲しかったですねぇ

1点差負けですから。チャンスがなかったわけではないし
Yomiuri Giants Official Web Site: 7月4日 対DeNA7回戦・横 浜

Yomiuri Giants Official Web Site: 7月4日 対DeNA7回戦・横 浜

エースが乱調、あと一本が出ず惜敗

 横浜DeNAベイスターズとの試合は、先発の内海が自らのエラーもあり、5回途中4失点と本来の投球をすることができなかった。打線は三回に阿部のタイムリーで先制点を奪ったが、四回以降はわずか2安打に抑えられ、終盤のチャンスであと一本が出ず、惜敗した。

 一回裏、先頭の石川に内野安打を許すが、送球が逸れた間に二塁を狙った石川を阿部が見事はバックアップでタッチアウトにした。

 二回表、四球の阿部を一塁において、エドガーが左翼越えの二塁打を放ち、二死ながら二、三塁のチャンスをつくった。亀井は歩かされて満塁となったが、続く内海が中堅フライに倒れた。

 三回表は、長野が中堅にヒットで出塁すると、古城は送りバントを決める。坂本も投強襲の内野安打で続く。すると阿部が右翼へタイムリーヒットを放ち、先制した。さらに高橋由も中堅へ2点タイムリー二塁打で続き、この回一挙3点を奪った。

 しかしその裏、梶谷に中堅へのヒットを許すと三浦の送りバントを内海がエラー。石川の打席で二塁走者・梶谷を阿部が好判断でタッチアウトにする。しかし、ヒットと送りバントで二死二、三塁とされると中村に中堅へタイムリーヒットを打たれ、1点差に詰め寄られる。続くラミレスにも右中間へタイムリー二塁打を許し、3対3の同点とされてしまった。それでもラミレスを三塁タッチアウトにして守りを終えた。

 内海は五回裏、石川の投ゴロを送球エラーしてしまい、無死二塁のピンチを招く。すると続く荒波に右翼線へタイムリー二塁打を浴び、勝ち越されてしまう。ここで2番手の右腕・福田がマウンドに上がる。中村は四球で無死一、二塁とされるも、ラミレス、筒香、ルイーズを3者連続三振に抑えた。

 同点に追いつきたい巨人打線は六回、先頭の阿部が右翼へヒットを放つ。しかし、高橋由が二塁併殺打に倒れてしまい、反撃の機会をつぶしてしまった。

 七回表も亀井の二塁内野安打で無死一塁とする。すかさず代走・鈴木尚が二盗成功させると、代打の矢野が送りバントを決めてチャンスを広げた。しかし後続の長野、古城が連続三振を喫し無得点に終わった。

 その裏、3番手の高木康が登板するも、石川の左翼線への二塁打、荒波は送りバントで一死三塁とされてしまう。しかし、ここでマウンドを託された4番手のルーキー田原がこの試合でタイムリーを放っている中村、ラミレスを打ち取って存在感を示した。

 八回は同じく新人の左腕・高木京が登板し、三者凡退に抑え味方の反撃を待つ。

 最終回はDeNAの守護神・山口に対し、代打攻勢を仕掛けるも三者凡退に倒れて試合終了。最下位相手に手痛い逆転負けを喫した


全部の失点がミス絡みですからねぇ、しかもエース本人。これはなんとも…。四死球も投手のエラーとすれば、厳しすぎますかね?

今日の試合の収穫としては、継投した投手、特に新人投手がなんとか抑えたところでしょう。特に田原はいいですね。登板回数が少ないとはいえ、期待を持たせてくれる投手です。

( ´ー`)y―┛~~

なんとなく、打線が下降気味のように感じるのは私だけでしょうか?点はとっていてもヒットが少ないように感じます。野球は点を競うゲームとはいえ、その基礎になる打撃が下降気味っていうのは非常に気になります。

明日はゴンちゃん。ならローテ通りでよかったんじゃないかとも思いますが、まぁ頑張ってもらいましょう。
 


↓ドアラが負けたのにな… と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 事情があって帰国できない不法滞在者がいるからなんだというのか? | トップページ | ロシアにも歴史をコリエイトする人がいたのか »

ジャイアンツ2012」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エースの負けは痛い。自滅的な負けとはいえ、この試合は打線の奮起が欲しかったですねぇ:

« 事情があって帰国できない不法滞在者がいるからなんだというのか? | トップページ | ロシアにも歴史をコリエイトする人がいたのか »