« 奇蹟のアクセスカウント part3 | トップページ | 人員削減=リストラではないが、シャープはどういうリストラをしようとしているのでしょう? »

2012/07/26

勝つには勝ちましたが、こういう試合は王者の試合ではない

今日も相手の4番に猛打賞2打点とか、あきまへんなぁ
Yomiuri Giants Official Web Site: 7月26日 対DeNA10回戦・東京ドーム

Yomiuri Giants Official Web Site: 7月26日 対DeNA10回戦・東京ドーム

加治前の押し出し四球で乱打戦を制す!

 横浜DeNAベイスターズとの10回戦は両チームが2ケタ安打を放つ乱打戦となった。2度相手にリードを奪われたジャイアンツだったが、長野の勝ち越しホームラン、加治前の押し出し四球で相手を突き放し、6対4で勝利。オールスターの中断前から続く連勝を4に伸ばした。

 先発のホールトンは初回、先頭の荒波にバントヒットを決められると、自身の牽制悪送球の間に三塁に走者を進めてしまう。なんとか粘りたかったが、中村に犠牲フライ、続くラミレスにタイムリーヒットを浴びて2点を失った。

 先制を許したホールトンだったが、二回を三者凡退に抑えると、その裏、自身のバットで反撃。左中間に二塁打を放った高橋由を三塁に置いた打席で、中堅にタイムリーヒットを放ち、1点差に詰め寄った。

 すると続く三回、坂本がヒットと盗塁で得点圏に進む。二死から阿部が左翼線に流し打ち、試合を振り出しに戻した。

 四回、二死から打席に入った長野が右翼スタンドに12号ホームランを放つ。7試合振りの一発が飛び出し、勝ち越しに成功した。

 援護をもらったホールトンは二回以降、完全に立ち直り、五回までスコアボードにゼロを並べていったが、勝利が見えてきた六回に手痛い一発を浴びてしまう。一死からラミレスにホームランを左中間に放り込まれ、同点に追いつかれた。ホールトンはこの回途中でマウンドを降りた。

 七回、3番手で登板した西村はヒットと死球で無死一、二塁のピンチを迎える。ここで内村の送りバントを処理した阿部が三塁に悪送球し、二塁ランナーの生還を許してしまった。勝ち越された西村だったが、依然続いた無死一、三塁のピンチはゼロに抑え、このイニングを最小失点で切り抜けた。

 するとその裏、先頭の坂本がピッチャー強襲のヒットで出塁すると、村田が死球、阿部が四球で無死満塁と一打勝ち越しのチャンスを作る。ここで打席に立った高橋由が押し出しの死球を受け、同点に追いついた。続くエドガーは三塁併殺打に倒れたが、再び満塁としたところで加治前が10球粘った末に、押し出し四球を選び、勝ち越しに成功した。

 八回には坂本がこの日3安打目のヒットでチャンスを作ると、こちらも3本目のヒットとなった阿部のタイムリーで巨人が貴重な追加点をあげた。

 最終回、マシソンは四球と自身の暴投で、無死二塁のピンチを迎えたが、なんとかゼロに抑え、4時間を越えるゲームに終止符を打った。


監督も言っている通り、今日の試合がもつれたのはノーアウト満塁で得点できなかったからでしょう。あれで相手の投手陣が持ち直しました。流れっていうやつですね。

しかしまぁ、今日の得点は
■ネ申 タイムリー2本
■長野様 HR
■ホールトン 投げるだけじゃないタイムリー1本
のほかは押し出しです。

ということは、ベイの投手陣に助けられた試合、ということになります。王者のくせにそんな試合で辛勝しているようでは、優勝などほど遠いわ m9っ`Д´)

明日からの広島戦で隙のない試合をしてみろ m9っ`Д´)
 


↓まぁ勝ったんだから… と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 奇蹟のアクセスカウント part3 | トップページ | 人員削減=リストラではないが、シャープはどういうリストラをしようとしているのでしょう? »

ジャイアンツ2012」カテゴリの記事

コメント

不思議の勝ちあり、不思議の負けなし。そういうことなんでしょう。

投稿: たかはG | 2012/07/27 07:09

こんにちわ^^

>たかはGさん
でしょうけどね♪
なにげにベイには苦しめられていますね。そこも不思議です。

投稿: ピア | 2012/07/28 11:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 勝つには勝ちましたが、こういう試合は王者の試合ではない:

« 奇蹟のアクセスカウント part3 | トップページ | 人員削減=リストラではないが、シャープはどういうリストラをしようとしているのでしょう? »