« 尖閣諸島寄付金速報(7/31まで) 14億円突破! | トップページ | 中凶の尖閣諸島軍事侵攻宣言きました »

2012/07/31

大野、Who?

初物に弱いってことでしょうかねぇ、伝統芸ですかね?
Yomiuri Giants Official Web Site: 7月31日 対中 日13回戦・東京ドーム

Yomiuri Giants Official Web Site: 7月31日 対中 日13回戦・東京ドーム

澤村粘りの投球も打線援護できず 連勝は6でストップ

 東京ドームで行われた2位・中日ドラゴンズとの13回戦は、ジャイアンツ先発の澤村が再三ピンチを背負いながらも、粘りの投球を見せ、中日先発の大野との投手戦を演じた。しかし七回にタイムリー二塁打を許し2失点した。打撃陣は中日投手陣の前に得点することができず完封負け。七回の2点が最後まで響き、連勝は6で止まった。

 自身4連勝中の澤村は初回、一死から連続四球で二人の走者を許すも後続を断ち、立ち上がりは無失点に抑えた。

 澤村は二回にも2本のヒットと四球で二死満塁とピンチを背負うが、荒木を打ち取りこの回も得点は与えない。
 
 先制点を奪いたいジャイアンツ打線であったが、中日先発の大野を前に三回までは一人の走者を出すこともできない。

 四回、一死から寺内がチーム初ヒットとなる左翼へのヒットで出塁すると、二盗も決め、二死二塁とチャンスを広げる。しかし村田が三塁ゴロに倒れ、この試合初めてのチャンスはいかせなかった。

 澤村は四回に続き五回も中日打線を三者凡退に抑え、徐々に本来の調子を取り戻す。

 六回、先頭の井端にヒットを許すと、その後、送りバントとヒットで一死一、三塁と再びピンチを背負う。ここで迎えた堂上剛の放った中堅フライで本塁を狙った井端を、長野が矢のような返球で刺殺。ビッグプレーで澤村を助け、先制点は与えなかった。

 その裏、二死から先ほど好プレーを見せた長野が中堅フェンス直撃の三塁打を放ち、チャンスをつくる。しかし寺内が二塁ゴロに倒れ、依然として0行進が続く。

 七回、ついに均衡が破れる。ヒットと四球で二死一、二塁とされると、森野にタイムリー二塁打を浴び2失点。再三ピンチを背負いながら無失点に抑えてきた澤村だったが、リードを奪われてしまった。

 同点に追いつきたい打線はその裏、一死から村田が左中間に二塁打を放ちチャンスメーク。続く高橋由も四球を選び、先発の大野を降板に追い込んだ。しかし谷が代わった山井の前に三塁併殺打に打ち取られ、どうしても1点が奪えない。

 八回からは田原が登板。テンポの良い投球で三者凡退に抑え、九回に登板した高木康も三者凡退に抑え、攻撃に流れを繋いだ。

 しかし、九回の攻撃も坂本の二塁打でチャンスはつくるも無得点。中日投手陣の前に完封負けを喫し、連勝は6でストップした。


四球が少ないのがいいですね。G打線を0点に抑えたということなので、コントロールも切れもよかったのでしょう。

( ´ー`)y―┛~~

それにしても散発4安打とは。最後はなんとはエドガーくらいまで回って、最後にネ申の代打か!!!と思っていたら、あえなく村田が三振でゲームセット。うーーーむ、無念です。

ただ、投手陣はいいですね。好調をキープしてくれています。その間に打線よ復活を。ネ申も♪

( ´ー`)y―┛~~

明日はゴンちゃんと吉見かぁ…。
 


↓だ、だからなんだと言うのか? と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 尖閣諸島寄付金速報(7/31まで) 14億円突破! | トップページ | 中凶の尖閣諸島軍事侵攻宣言きました »

ジャイアンツ2012」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大野、Who?:

« 尖閣諸島寄付金速報(7/31まで) 14億円突破! | トップページ | 中凶の尖閣諸島軍事侵攻宣言きました »