« まぁ今更そんなキャッチフレーズに騙される「国民」はいませんけどね | トップページ | 虎刈り 2匹目♪ »

2012/07/07

虎刈り 1匹目♪

序盤の6点だけというのは物足りませんけど、ま、勝って文句を言うのは贅沢ですわなw
Yomiuri Giants Official Web Site: 7月6日 対阪 神10回戦・東京ドーム

Yomiuri Giants Official Web Site: 7月6日 対阪 神10回戦・東京ドーム

序盤の大量得点で快勝 伝統の一戦初戦を制す

 東京ドームで行われた阪神タイガースとの10回戦は、初回に3者連続タイムリーヒットが飛び出すなど、序盤に得たリードを守って快勝した。先発の澤村は粘りの投球で7回途中2失点で6勝目を飾った。

 澤村は初回を三者凡退に抑える上々の立ち上がりを見せる。

 その裏に、ジャイアンツ打線がメッセンジャーの立ち上がりを攻める。長野と坂本が四球を選び、二死一、二塁の場面で阿部が左翼線へタイムリーヒットを放ち、ジャイアンツが先制する。さらに続く高橋由、エドガーと連続でタイムリーヒットが飛び出す。その後も古城が敬遠されて満塁となると、澤村も押し出しとなる四球を選び、4点目を加えた。

 ジャイアンツは二回も攻撃の手を緩めない。先頭の谷が特大のホームランを左翼スタンドに突き刺す。さらに村田がヒットを放ち出塁すると、高橋由の右翼フェンスを直撃するタイムリー二塁打で、6対0とした。

 二、三回と無失点に抑えた澤村だったが、四回に連打を浴びて、無死一、二塁のピンチを招く。一死後、ブラゼルを一塁ゴロに打ち取るが、併殺を狙った坂本が一塁に悪送球し、1点を返された。

 三回裏、この回から登板した二神から長野の二塁打でチャンスをつくるも、後続が倒れて追加点をあげることはできなかった。打線は三回以降は阪神リリーフ陣から得点を奪うことができなかった。

 澤村は粘りの投球を続ける。四回から六回まで、毎回得点圏にランナーを背負うも、要所を締めて阪神打線に得点を許さなかった。

 しかし七回、澤村は3連打を浴びて、無死満塁のピンチを招く。この場面で平野は三振に抑えたものの、鳥谷に痛恨の押し出し四球を与え、6対2となる。続く新井貴を三振としたところで澤村はマウンドを降りる。代わって登板した山口は、代打の関本を空振り三振に抑えて、満塁のピンチを脱した。

 追加点を奪いたい打線は七回、一死からエドガーが四球で出塁するも、後続が倒れた。

 八回には西村が登板して無失点で抑える。そして九回からマウンドに上がったマシソンは、二死二塁から鳥谷にタイムリーヒットを浴びるが、続く新井貴を抑えて試合終了。3点差で逃げ切った。


澤村ももうちょっとぴりっとしていないとなぁ。せっかく6点ももらったんだから、最低でも7回までは投げて欲しいよ。山口は投げてないと調子が落ちるとはいえ、いくらなんでも投げすぎでっせ。まぁ、それだけ接戦で勝っている試合が続いている=チームも勝っているor調子がいい!ってことなので嬉しいことは嬉しいんですが、目の前の一勝よりも日本一なんですから、ここで山口が故障でもしたらえらいこっちゃでほんま。

( ´ー`)y―┛~~

打線は4回以降無安打ですねぇ。終わってみればトラよりも安打数は少ないってかw でもそれで勝ってるんだから大したもんだ。メッセンジャーの四球渦のお陰ですね。四死球は相手のエラーですから、それをきっちり活かすのも打線の仕事です。

( ´ー`)y―┛~~

坂本、ほんとうにどないしはりましたん?
 


↓ま、7割失敗でも一流なんだから! と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« まぁ今更そんなキャッチフレーズに騙される「国民」はいませんけどね | トップページ | 虎刈り 2匹目♪ »

ジャイアンツ2012」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 虎刈り 1匹目♪:

« まぁ今更そんなキャッチフレーズに騙される「国民」はいませんけどね | トップページ | 虎刈り 2匹目♪ »