« この支援団体の解散は致命傷になるのでは?小沢も年貢の納め時か? | トップページ | テリー伊藤はなにをとち狂ったのか? »

2012/06/20

アメリカは本当に真剣に日本を支援してくれていたことがわかりますし、逆に当時の首相官邸は日本国民を地獄に叩き落とそうとしていたことがわかって、いいつぶやきですね

なんなの、これ?
小野寺 五典 (itsunori510) は Twitter を利用しています

小野寺 五典 (itsunori510) は Twitter を利用しています

 小野寺 五典 ‏@itsunori510

福島原発事故直接の米国データ公表しなかった件、事故直接、官邸が受け付けないので、何とかして欲しいと私の事務所にも米国大使館から要請があり、官邸につなぎました。ですが結局無視されてしまいました。あまりに無責任。


で、当時ではないかもしれませんけど、今の閣僚のコメントがこちら…
米提供の放射線分布地図、避難に活用せず 枝野経産相と平野文科相が謝罪 - SankeiBiz(サンケイビズ)

米提供の放射線分布地図、避難に活用せず 枝野経産相と平野文科相が謝罪 - SankeiBiz(サンケイビズ)

 2012.6.19 16:16

 東京電力福島第1原発事故の直後、政府が米国から原発周辺の放射線分布地図の提供を受けながら住民の避難に活用されなかったことについて、19日の閣議後の記者会見で関係閣僚から「申し訳ない」(枝野幸男経済産業相)などと謝罪や問題視する発言が相次いだ。

 経産相は「情報が政府内で共有や活用されなかったのは大変残念で、被災者のみなさんに大変申し訳ない」と謝罪した。平野博文文部科学相も「情報をどう使って(避難に活用)するか、十分に知恵が至らないのは結果として反省点があると思う。政府が共有、活用しなかったのは大変残念」と話した。

 また細野豪志原発事故担当相は「政府の原子力災害対策本部で適切に情報が共有されなかったことは非常に大きな問題だ」と指摘した。


えーーーーーっと…


情報が政府内で共有や活用されなかったのは大変残念
政府が共有、活用しなかったのは大変残念
適切に情報が共有されなかったことは非常に大きな問題

そういうことではなく、

事故直接、官邸が受け付けない

ということなんでしょう?情報の意味はわかっていたはずですから、そんな正確な情報は不要だ!という判断だったのでしょうか。受け取らない意味がわかりません。この原発事故に関しては、アメリカからの貴重な情報提供、あるいはアドバイスなどをことごとく無視したという印象しかありませんね。

どうしてそんなことになったのか。検証してほしいものです。

そして、

大変残念/大きな問題

さらっと言ってるけど、放射線を浴びるか浴びないか、どこの人がどう避難すればいいかという判断基準になるようなデータを受取拒否しといて、あまりにも軽いコメントではないでしょうか。こういうことを言ってるから、詐欺師集団は国民の生活どころか命さえどうでもいいんだなと思われてしまうんですよ。
 


↓まぁそうなんだろうなとしか思えないが と感じた人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« この支援団体の解散は致命傷になるのでは?小沢も年貢の納め時か? | トップページ | テリー伊藤はなにをとち狂ったのか? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

東北大地震」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アメリカは本当に真剣に日本を支援してくれていたことがわかりますし、逆に当時の首相官邸は日本国民を地獄に叩き落とそうとしていたことがわかって、いいつぶやきですね:

« この支援団体の解散は致命傷になるのでは?小沢も年貢の納め時か? | トップページ | テリー伊藤はなにをとち狂ったのか? »