« 勝利! | トップページ | 大阪府知事が「死にたいなら自分で死ねよ」という発言… »

2012/06/11

杉内が撃沈しても、Gには田原がいる!高木がいる!マシソン、山口、フランケンがいる!

特に田原投手の無失点がよかったですね。ロッテが押せ押せでしたので、あそこでぼろぼろっと行っていたら、今日の試合はボロ負けでしたでしょう。高木の粘りもよかったですね、逆にロッテはヒット三本が集中しても点が入らないという悪運でした
Yomiuri Giants Official Web Site: 6月11日 対ロッテ4回戦・東京ドーム

Yomiuri Giants Official Web Site: 6月11日 対ロッテ4回戦・東京ドーム

阿部逆転弾!4点ビハインドを跳ね返し勝利

 東京ドームで行われた千葉ロッテマリーンズとの第4回戦は、先発の杉内が4点を奪われ3回で降板してしまう。しかし、四回にエドガーのタイムリーヒットで2点を返すと、五回に阿部の2点本塁打などで3点を奪い逆転に成功した。その後も長野の本塁打などで効果的に追加点を入れたジャイアンツが逆転勝利。交流戦首位攻防戦を制し、交流戦優勝にまた一歩近づいた。

 ジャイアンツの先発はハーラートップの8勝をあげている杉内。その杉内は初回を三者凡退に抑え、危なげない立ち上がりを見せる。二回も簡単に二死を取ったが、今江にソロ本塁打を浴び、先制を許してしまった。

 三回、杉内は2本のヒットと四球で一死満塁のピンチを背負う。ここで井口に犠牲フライを打たれ追加点を許すと、続くサブローにもタイムリー二塁打を浴び、この回3失点。その裏の攻撃で代打を送られ降板となってしまう。

 反撃したい打線はその裏、杉内の代打・石井がヒットで出塁するも無得点。ロッテ先発の渡辺俊を前になかなかチャンスを作ることができず、攻略の糸口を掴めない。

 四回からはルーキーの田原がプロ初登板した。二死から死球とヒットで一、二塁のピンチを背負ったが、清田を空振り三振に打ち取り、無失点で切り抜けた。その裏、先頭の村田がヒットで出塁すると、一死後、高橋由が右中間に二塁打を放ち、二、三塁とこの試合初めてのチャンスを作る。ここでエドガーが右翼にタイムリーヒットを放ち2点を返した。

 五回のマウンドにも田原が上がる。先頭の根元に失策で出塁を許したが後続を抑え、二死二塁となったところで降板。続いてマウンドに上がった高木康がこのピンチを切り抜け、追加点は許さなかった。

 その裏、先頭の長野がフェンス直撃の二塁打を放つと、続く寺内がバスターを成功させ、無死一、三塁。大きなチャンスを作り、渡辺俊を降板に追い込む。代わった中郷から坂本の二塁ゴロの間に1点を奪うと、阿部が右翼に値千金の逆転2点本塁打。4点のビハインドをついにひっくり返した。

 リードしたジャイアンツであったが、六回、高木康が3本のヒットを浴び、二死満塁のピンチを背負ってしまう。しかしここは根元を一塁ゴロに抑え、なんとか無失点とした。

 その裏、さらに追加点を入れる。二死三塁から長野がバックスクリーン左に飛び込む大きな2点本塁打を放ち、リードを広げた。その後も攻撃の手を緩めず、坂本もタイムリー二塁打。この回で一挙3点を奪い、8対4となった。

 七回はマシソン、八回は山口がそれぞれ登板した。ともに三者凡退に抑える好投を見せ、中継ぎの役割を果たす。

 八回にも一死一、二塁のチャンスを作ったが、寺内、坂本が倒れ、さらなる追加点とはならなかった。

 九回のマウンドにはセーブがつく場面ではないが守護神・西村があがる。先頭の代打・鈴木に二塁打を浴びるなど、一死一、三塁のピンチを背負ったが、井口を遊撃ゴロ併殺打に打ち取り試合終了。交流戦首位攻防戦を制したジャイアンツが、交流戦優勝へとまた一歩近づいた。


サブローのタイムリーは捕れる、いや、捕ってくれ!と念じてみましたけどだめでした… orz タカヒロ、あるいは松本ならとれていたようにも感じますが、しようがないですね。井口の打席では1点はしようがないと思っていましたので、犠牲フライに終わってやれやれと感じていた矢先のことでした。

今日の杉内はコントロールがよくなかったように見えましたね。D席でしたので横からの観戦になってよくわからなかったとはいえ、ボールが多かったですね。それにしても、すぱっと交代させましたね。後ろの信頼があるからこその交代だったんでしょう。でも、田原が出てきた時には「?」となりました。まー、確かに星野はいないし、福田は昨日も投げていますので今日もとなれば投げ過ぎですしね…。

ところがその田原が結構いい投球をして無失点。投手の渡辺になんとヒットを打たれてしまいましたが、あれは石井がおいすぎたからでしょう。なんだかセカンドの守備位置にいても落ち着かない感じがありありとしていましたので、多分セカンドは無理なんでしょう。ありえないエラーもあったし。案の定、寺内に交代していたしねw 寺内の守備があれほど心強く感じたことはなかったです(爆

高木…。6回は肝を冷やしました。レフト前のクリーンヒットだから得点は入りませんでしたけど、ほんとやばかった。最後もフルカウントになりましたし…。ほんまやばかった。

( ´ー`)y―┛~~

ま、打つ方は最初だけ渡辺に合っていませんでしたけど、二回り目くらいから捉えていましたね。そこからはもう、出てくる投手を軒並みガツンガツンとw

( ´ー`)y―┛~~

ボウカー、凡退になっているけどバッティングはよかったと思います。あれで左手を離さずにちゃんと押し込んでいれば、2打席連続HRもあったかもしれません。飛んだのもセンターだったし、惜しいことです。監督は長野様に引き手の指導をしたようですが、是非ボウちゃんにも「押し手」?の指導をよろしくお願いします。

( ´ー`)y―┛~~

ということで、今日の投手のヒーローは田原、打撃のヒーローは寺内に決定しました♪

おまけですが、今日はビールが半額の日でした。それに釣られて参戦したんですが♪
「最高ののどごし!」――ドーム来場者が生ビール半額ナイターを満喫 Yomiuri Giants Official Web Site

結局飲んだのは2杯だけw 控えめなピアでした♪
 


↓ボンビーは執行猶予だなw と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 勝利! | トップページ | 大阪府知事が「死にたいなら自分で死ねよ」という発言… »

ジャイアンツ2012」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
参戦お疲れ様でした。
自分は三塁側から試合を観ていましたが、球場に着いた頃には既に杉内は交代していました・・・。
自分も石井のエラーには絶句してしまいましたよ。
あとサブローは、やはりマリーンズの方がしっくりきますねw

投稿: FREE TIME | 2012/06/12 00:31

こんばんわ^^

>FREE TIMEさん
どもども♪心地良い、お疲れ様です♪

>サブロー
呪ってあるんですねw
やっぱり、サブローはサブローでこそ活きる選手。大村ではだめなのでしょう。

投稿: ピア | 2012/06/12 00:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 杉内が撃沈しても、Gには田原がいる!高木がいる!マシソン、山口、フランケンがいる!:

» 交流戦首位攻防戦第2R ジャイアンツ逆転勝利 [FREE TIME]
プロ野球セ・パ交流戦の首位攻防戦。 ジャイアンツvsマリーンズの第2Rは、東京ドームにてプレーボール。 [続きを読む]

受信: 2012/06/12 00:31

« 勝利! | トップページ | 大阪府知事が「死にたいなら自分で死ねよ」という発言… »