« 皇室を破壊することが目標のはずなのに、皇室の政治利用が過ぎませんか? | トップページ | どんな場合でも親は扶養せよ、というのは行き過ぎでしょう »

2012/06/10

成瀬は天敵になりつつありますが、いろんな意味で惜しい試合でした

明らかに7回以降は打線が捕まえつつありましたよね…
Yomiuri Giants Official Web Site: 6月10日 対ロッテ3回戦・東京ドーム

Yomiuri Giants Official Web Site: 6月10日 対ロッテ3回戦・東京ドーム

成瀬を攻略できず敗戦

 交流戦の首位攻防戦となる千葉ロッテマリーンズとの3回戦は、ジャイアンツにとって厳しい試合となった。先発のホールトンが初回にパスボールで先制を許すと、二回にはソロ本塁打で序盤に2点を失った。一方の打線は、最終回に坂本のタイムリーでなんとか完封負けは回避したが、大事なカードの初戦を落としてしまった。

 先発のホールトンは序盤に失点を重ねた。初回に、二死から連打と四球で満塁のピンチを迎えると、阿部のパスボールで先制点を与えてしまう。二回は、先頭の大松に右翼へ本塁打を浴び、追加点を許した。

 一方打線は、前回の対戦で敗れている成瀬に苦戦を強いられる。初回に谷が投手強襲の内野安打で出塁しただけで、チャンスを作ることができない。


 ホールトンは三回以降は立ち直った。三回から五回まで3回連続の三者凡退に打ち取った。結局、失点は一、二回だけで6回を投げきりマウンドを譲った。

 打線は中盤以降も成瀬を攻略する糸口をつかめず、凡打が続いた。

 七回、村田が二塁への内野安打で初回以来のランナーを出すが、後続の阿部の打球はフェンス前で失速し、得点はならなかった。

 八回、3番手の高木康がヒットと犠打で二死二塁のピンチを背負う。しかし、後を継いだマシソンは四球でピンチを広げるも4番のサブローを遊撃ゴロに打ち取り、3点目は許さなかった。

 九回はルーキーの江柄子がマウンドにあがった。内野安打でランナーを出すも、0点に抑え、最終回の攻撃につなげた。

 最終回、一死から長野が中堅へのヒットで出塁。谷が倒れ二死となるが、坂本が右中間にタイムリー二塁打を放ち、1点を返す。なおも続くチャンスに前試合にサヨナラ打の村田を迎えた。しかし、村田は打ち取られ、試合終了。最終回に意地をみせたが、またも成瀬の前に反撃が遅く、交流戦の首位攻防戦の初戦で勝利はならなかった。


ホールトンは毎度そうなんですが、今日も2失点とは思えない投球でしたね。常にと言うのは言いすぎでしょうけど、ボール先行でねぇ。初回などよくワイルドピッチの一点に抑えられましたよね。と思えば、ここまでHRなど1本の大松にすかっとHRを打たれてしまう…。なんだか、いろいろ想定できにくい投手ですよねぇ…。

で、それ以降崩れるのかと思えば崩れず、結局2失点で抑えて降板。その間にチームが得点を重ねれば勝利できるけど、そうでなければ負ける。まぁ、当たり前のことなんですが、なんかこう扱いにくい投手ですな。

( ´ー`)y―┛~~

で、打線というか成瀬。

まったく打てませんね。7回以降はいい当たりも増えてきていましたが、結果は出ていませんねぇ。9回の谷も村田も結局はボールを打たされています。ボールにも手を出さざるをえない、そういう好調な投球だったのでしょう。そういう中で坂本はタイムリー。何度も江川氏が言っていましたけど、坂本の前にランナーが欲しかったですねぇ。

( ´ー`)y―┛~~

明日が杉内と渡辺俊介。今日のお返しを!打線は不調ではなく、絶好調のエースは打てなかったということですから、特に問題はないでしょう。明日はきっと3点くらい取れば勝利できるはず。頑張れ!
 


↓参戦勝利を目指してるのか? と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 皇室を破壊することが目標のはずなのに、皇室の政治利用が過ぎませんか? | トップページ | どんな場合でも親は扶養せよ、というのは行き過ぎでしょう »

ジャイアンツ2012」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 成瀬は天敵になりつつありますが、いろんな意味で惜しい試合でした:

« 皇室を破壊することが目標のはずなのに、皇室の政治利用が過ぎませんか? | トップページ | どんな場合でも親は扶養せよ、というのは行き過ぎでしょう »