« 【今日のお前が言うなスレ】ここまでこのタイトルがピッタリ来る記事も珍しいw | トップページ | キリスト教は悪の根源、ある意味当たっているような? »

2012/06/26

いろいろと誤算続きの試合だったようです

坂本がチーム安打の半分を打つ、いびつ攻撃でした。投げてもリレーした投手が2失点ではどうにもなりません
Yomiuri Giants Official Web Site: 6月26日 対広 島7回戦・マツダ

Yomiuri Giants Official Web Site: 6月26日 対広 島7回戦・マツダ

坂本4安打も打線つながらず惜敗

 敵地・マツダスタジアムで行われた広島東洋カープとの第7回戦は、先発のホールトンが初回に2点本塁打を浴びるが、三回にホールトン、坂本のタイムリーで同点に追いついた。しかし、四回に再び被弾して勝ち越しを許すと、五回にも2失点した。打線は四回以降、広島投手陣の前に沈黙し無得点。坂本が4安打と活躍したが、打線がつながらず勝利に結びつけることができなかった。

 ジャイアンツの先発・ホールトンは初回、先頭打者に四球を出し、盗塁と犠打で一死三塁とされる。梵は打ち取ったが、続く岩本に2点本塁打を許し、先制されてしまう。

 反撃に転じたい打線は二回表、先頭の阿部がヒットを放つが、高橋由が併殺打に倒れチャンスを広げることができない。

 ホールトンは二回にも内野安打と犠打で二死二塁のピンチを迎える。天谷に右翼へ鋭い当たりを飛ばされたが、亀井の好捕で切り抜けた。

 三回表、先頭の亀井が左翼フェンス直撃の三塁打でチャンスメークすると、ホールトンが右翼にタイムリーヒット。自身のバットで1点を返した。さらに二死二塁から坂本が左翼線にタイムリー二塁打を放ち、序盤で試合を振り出しに戻した。
 
 二、三回と無失点に抑えて調子を取り戻したかのように見えたホールトンだったが、四回裏、堂林に右翼スタンドに運ばれ、再び勝ち越しを許す。

 五回裏、先頭の天谷にヒットを浴びたところでホールトンは降板した。2番手の高木京は、犠打で一死二塁とされると、梵、岩本に連続タイムリーヒットで、2点を追加された。3番手の福田は、二死二、三塁のピンチで堂林を空振り三振に打ち取り、さらなる追加点を与えない。

 四、五回と大竹に三者凡退に抑えられていた打線は六回表、一死から坂本が猛打賞となるこの日3本目のヒットで出塁すると、続く村田の遊撃への当たりが失策を誘い、一死一、二塁とチャンスをつくる。しかし、阿部、高橋由が凡退し得点は奪えなかった。

 七回裏からは高木康が登板。一人の走者を出したが無失点で抑え味方の反撃を待つ。しかし八回表の攻撃も、今日4本目のヒットで出塁した坂本をホームに迎え入れることができず無得点に終わる。

 八回裏に登板したルーキー田原は、広島打線をこの試合初めて三者凡退に抑え、九回の攻撃に望みをつないだ。

 九回表、先頭の高橋由がヒットで出塁するが、後続が倒れ試合終了。打線は坂本の4安打を含む9安打を放ったが、打線がつながらずカード初戦を勝利で飾ることはできなかった。


見ていないのでさっぱりわかりません。

が、

結局ホールトンは2発で沈んだに等しいですね。ただ、5回にヒットを打たれただけでは交代にはならないでしょうから、調子も悪かったんでしょうね。だからこそ打たれたのか…。堂林、恐るべし打者に成長しつつあるんでしょうかねぇ。既に7号ですし…。

それと…、

最近天才が眠りにつきつつありますか?そこが気になります。
 


↓エドガーも? と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 【今日のお前が言うなスレ】ここまでこのタイトルがピッタリ来る記事も珍しいw | トップページ | キリスト教は悪の根源、ある意味当たっているような? »

ジャイアンツ2012」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いろいろと誤算続きの試合だったようです:

« 【今日のお前が言うなスレ】ここまでこのタイトルがピッタリ来る記事も珍しいw | トップページ | キリスト教は悪の根源、ある意味当たっているような? »