« HRを打たれるのはしかたがないけど、場面を選んでほしいものです | トップページ | まったくもって、慰安婦の話と同じということは、これも売春婦輸出事業ということなのでしょう »

2012/06/23

今日は澤村だし0-3で負けているし、逆転勝ちするとは全く思いませんでしたね

それにしても、マシソンは調子がよさそうです。結構安心して観ていられますね♪
Yomiuri Giants Official Web Site: 6月23日 対ヤクルト10回戦・東京ドーム

Yomiuri Giants Official Web Site: 6月23日 対ヤクルト10回戦・東京ドーム

打線爆発7得点 加治前が決勝タイムリー!

 6試合振りに本拠地・東京ドームで行われた東京ヤクルトスワローズとの10回戦は、10安打で7得点と打線がつながった。先発の澤村は初回に3点のリードを許すも、粘りのピッチング。後を受けたリリーフ陣はマシソンが2イニングを0に抑える好投で勝ち投手になった。

 4連敗中の澤村は、この日も苦しい立ち上がり。先頭のミレッジに四球を与えると、川端のタイムリーヒットで先制を許す。畠山を右翼フライとして二死までこぎつけたが、続くバレンティンに特大の2ランホームランを浴び、初回に3点を失った。

 澤村はリードを許したが、上位打線から始まる三回を三者凡退に打ち取った。さらに四回には前の打席でホームランのバレンティンを中堅フライに抑え、この回も三者凡退とする。2イニングを完璧に抑える投球で、試合の流れを引き寄せた。

 するとその裏、一死から村田がヒットで出塁、続く阿部が左中間を深々と破るタイムリー二塁打を放ち、反撃の口火を切る。高橋由、エドガーが連続で四球を選び満塁とすると、澤村の代打・加治前が押し出し四球を選び、1点差に詰め寄った。さらに長野が右翼への2点タイムリーヒットで続き、このイニングに一挙4得点。打者一巡の猛攻で逆転に成功した。

 直後の五回、代打を送られた澤村に代わって登板した田原は、一死から四球とヒットを許し、三塁にランナーを背負う。ここで田中にスクイズを決められ、同点に追いつかれた。なおも二死二塁とピンチが続いたが、3番手で登板した高木京が川端を打ち取り、逆転は許さなかった。

 六回、マシソンが畠山から始まる相手の中軸を三者凡退に抑える好リリーフ。試合の流れを引き寄せると、その裏、先頭のエドガーが左中間への二塁打でチャンスを作る。マシソンの送りバントでランナーを三塁に進めると、加治前がしぶとく左翼にはじき返すタイムリーヒットを放ち、勝ち越しに成功した。

 マシソンは七回、四球と盗塁でランナーを得点圏に背負う。しかし後続を抑え、勝ち投手の権利を持ってマウンドを後にした。

 打線は七回、阿部が中堅越えに三塁打を放つと、高橋由の犠牲フライで追加点。八回には坂本がタイムリーヒットを放ち、リードを3点に広げた。

 マシソンの後を受けた山口、西村はそれぞれ1イニングを三者凡退に抑え、試合を締めくくった。


逆転、勝ち越しのあとの7,8回の追加点が良かったですね。最近調子が下降気味の坂本にもタイムリーがでましたしね。さすがにチャンスに強い男、ランナーがいないと気合が入らないんでしょうか?w

今日はなんと言っても投手陣の頑張りでしょうね。4点目をとられたあともなにげにピンチでしたけど、よく抑えて流れを呼び込んでくれました。特にマシソン、よく2回を投げ切ってくれました。8回からは鉄板リレーがありますからね♪

というか、中継はまったく見れていませんがw

( ´ー`)y―┛~~

明日は観戦です。なんと5人で♪杉内だし、勝って欲しいなぁ。
 


↓っていうか、勝つために行くんだろ? m9っ`Д´) と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« HRを打たれるのはしかたがないけど、場面を選んでほしいものです | トップページ | まったくもって、慰安婦の話と同じということは、これも売春婦輸出事業ということなのでしょう »

ジャイアンツ2012」カテゴリの記事

コメント

とにかく勝ててよかったです。沢村の不調は肉体改造の失敗か?

投稿: たかはG | 2012/06/24 07:42

こんばんわ^^

>たかはGさん
としか思えませんよねぇ、素人的には。
フォームがバラバラになりつつあるのではと感じています。そろそろなんとかしないとローテ剥奪?でも代わりもいませんがw

投稿: ピア | 2012/06/24 23:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日は澤村だし0-3で負けているし、逆転勝ちするとは全く思いませんでしたね:

« HRを打たれるのはしかたがないけど、場面を選んでほしいものです | トップページ | まったくもって、慰安婦の話と同じということは、これも売春婦輸出事業ということなのでしょう »