« これはもしかすると最強レベルの早口言葉ではないか? | トップページ | もう蛍の季節ですか、早いもんです »

2012/05/11

電子書籍のキラーコンテンツはこれではないか?

絶版本以上に電子書籍向けのコンテンツはないと思うんですよね
絶版本を電子書籍に 講談社がリクエスト募る - MSN産経ニュース

絶版本を電子書籍に 講談社がリクエスト募る - MSN産経ニュース

 2012.5.10 22:42

 講談社は10日、絶版で入手困難となっている同社の作品を電子書籍で復刊させるプロジェクト「復☆電書」を始めた。読者からツイッターやフェイスブックでリクエストを募り、上位に入った作品から復刊交渉に着手する。

 同社によると、本が好きな人たちに電子書籍を手に取ってもらうきっかけを作ることなどが目的。リクエスト方法の詳細は「復☆電書」の特設サイトで告知している。

 受付期間は5月末までで、海外翻訳作品やコミック、雑誌は対象外。リクエスト上位作品の発表は6月4日の予定で、復刊に至るまでの過程も公開していくという。


リクエストを募る、などという中途半端はせずにですね、国会図書館よろしくいままで出版したものすべてが電子書籍で出るというのが正しい姿だと思います。

海外翻訳作品やコミック、雑誌は対象外

いや、これらのものこそ絶版で手に入りにくいものですから、除外するのはおかしいでしょう。

上位に入った作品から復刊交渉に着手する

いったいどこの誰と交渉するというのでしょうか?著作者=原作者?それなら出版されて売れて印税が入ってくるのならほとんどの作者が反対しないでしょうに。他に誰と交渉するの?
 


↓まぁ、そう単純では無いのだよ と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« これはもしかすると最強レベルの早口言葉ではないか? | トップページ | もう蛍の季節ですか、早いもんです »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

読みたい本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 電子書籍のキラーコンテンツはこれではないか?:

« これはもしかすると最強レベルの早口言葉ではないか? | トップページ | もう蛍の季節ですか、早いもんです »