« 運運が来たのかな? | トップページ | この腰痛は関係がなくてもいろいろ言われるのは避けがたいなw »

2012/04/22

惜しい試合ではありましたね、しかし、なんとホームが遠いことよ…

3安打では勝てませんわな
Yomiuri Giants Official Web Site: 4月22日 対ヤクルト6回戦・神 宮

Yomiuri Giants Official Web Site: 4月22日 対ヤクルト6回戦・神 宮

打線3安打に抑えられ5連敗

 雨が降りしきる中、神宮球場で行われた東京ヤクルトスワローズとの6回戦。先発の宮國は二回にバレンティンのホームランなどで2点を先制されるも、四回に阿部の2ランホームランで試合を振り出しに戻した。しかし五回に2番手の福田が勝ち越しを許すと、最後までこの1点を打線が取り返すことができず、5連敗となった。

 先発の宮國は一回、走者を一人出すもののミレッジを併殺打に打ち取り、まずまずの立ち上がりを見せる。

 先制点を奪いたい打線は二回、長野が内野安打で出塁し二死二塁のチャンスをつくるも、ボウカーが凡退し最初のチャンスはいかせなかった。

 その裏、宮國は先頭のバレンティンにソロホームランを打たれ先制点を与えると、さらに一死二、三塁とピンチを背負う。ここで中村に犠牲フライを許し、この回に2点を失った。

 四回表、昨日に引き続き三番に起用された坂本が、左翼線に二塁打を放ちチャンスメーク。続く四番の阿部が右中間に同点2ランホームランを放ち、試合を振り出しに戻す。

 追いついた直後の四回裏、きっちり抑えたい宮國だったが、二死満塁のピンチを背負ってしまう。しかしロマンを抑え、勝ち越しは許さなかった。

 ジャイアンツは試合中盤から積極的に動く。五回表、まだ同点ながら先発の宮國に代打・亀井を送る。しかし亀井は左翼フライに倒れチャンスをつくることはできない。

 その裏、2番手で登板した福田は、一死二塁からミレッジに二塁打を打たれ、勝ち越しを許してしまう。さらにピンチは続いたが後続は打ち取り、なんとか最少失点で切り抜けた。

 六回表、先頭の高橋由が四球を選んで出塁。続く藤村が捕手の前にきっちり転がすと、中村が一塁に悪送球。思わぬ形で無死二、三塁と大きなチャンスを迎える。その後一死満塁となったが、長野は空振り三振。村田は鋭い当たりを放つも、田中の攻守に阻まれ得点を奪えない。

 打順良く一番の高橋由から始まった八回表の攻撃も、押本の前に走者を出すことができず無得点。

 八回裏からは山口が登板。きっちりと三者凡退に抑え、九回の攻撃に望みをつなぐ。

 しかし、九回の攻撃もバーネットの前に見せ場をつくることができず三者凡退で試合終了。ヤクルト相手に3連敗を喫し、連敗も5に伸びてしまった。


なんと言っても6回の攻撃でしょうね。

四球⇒犠牲バント敵失でノーアウト2,3塁。しかも打順は好調坂本、同点2ランHRを打っているネ申、3割打っている長野様、以下略w

ネ申は四球で長野様。ここで三振ってのは…
次の男村田が惜しい当たりのセカンドライナー。好守に阻まれましたね。だから田中は嫌いなんですよ(汗

最低でも逆転という場面で無得点。これは痛かった。でもまぁ、打ったあとの行き先は打球に聞いてもらうしか無いですからねぇ。

( ´ー`)y―┛~~

マシソンは怖い投手ですね。今日も打たれてはいないけど棒球が多かったように感じました。球は早いとはいえ150km/hくらいなので打てないというほどでもない。コントロールも心細いし、これは競った試合では無理でしょう。まぁ、第二のクルーンとも言いますね(汗

あと、宮國はもう少し投げさせたほうがよかったように思います。ここで一勝を汲々して拾うよりは、経験させることのほうが大事と思います。それだけの期待をしてもよしとなるくらいの選手でしょう。せめて責任回数は投げさせるという教育が必要では?打ち込まれているわけではないんですし。

( ´ー`)y―┛~~

なんかこう、選手もベンチも一勝に汲々としているなぁ。そこまで焦る時期じゃないでしょう。
 


↓でも負けるよりは勝ちたいよな と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 運運が来たのかな? | トップページ | この腰痛は関係がなくてもいろいろ言われるのは避けがたいなw »

ジャイアンツ2012」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 惜しい試合ではありましたね、しかし、なんとホームが遠いことよ…:

» ヤクルト、巨人に3連勝 ミレッジ「エネルギッシュな気持ちに」 [ヤフコメログ - Yahoo!ニュースコメント]
 東京ヤクルトは22日、巨人を3対2で破り、巨人戦3連勝を飾った。ヤクルトは同点に追いつかれて迎えた5回、1死二塁でミレッジがレフトオーバーの二塁打を放ち、勝ち越した。 以下は勝ち越しの二塁打を...... [続きを読む]

受信: 2012/04/23 00:45

« 運運が来たのかな? | トップページ | この腰痛は関係がなくてもいろいろ言われるのは避けがたいなw »