« 越智で勝利が落ちた? | トップページ | やっぱり中国人の常識ってのは計り知れませんな »

2012/04/18

鬼門のナゴヤドームでまず1勝♪

杉内は素晴らしい投球だったようですね!坂本もなんか打ってるし、よく投げてよく打った、そういう試合でしたね?
Yomiuri Giants Official Web Site: 4月17日 対中 日4回戦・ナゴヤドーム

Yomiuri Giants Official Web Site: 4月17日 対中 日4回戦・ナゴヤドーム

杉内8回1失点の好投!中日戦3連勝

 敵地ナゴヤドームで行われた中日ドラゴンズとの4回戦は、ジャイアンツが三回に長野のタイムリーヒットで2点を先制し、幸先のいいスタートを切る。先発の杉内は八回に移籍後初となる本塁打を浴びて1点を失ったが、それ以外はほぼパーフェクトな投球。ジャイアンツは九回に坂本の2点タイムリー二塁打でリードを3点に広げると、最後は守護神の西村が締め、中日戦3連勝を飾った。

 ジャイアンツの先発は杉内、中日の先発は山井で始まった。

 一回裏、杉内は一死から荒木にヒットを許すと、続く森野の打席で2回の暴投を喫し、三塁まで走者を進めてしまう。さらに森野には四球を与え、一死一、三塁のピンチを背負う。だが、続く山崎、和田を連続三振に抑え、ピンチを切り抜ける。

 二回表、先頭の阿部が二塁打、ボウカーが四球を選び一死一、二塁とする。だが、後続が打ち取られ、無得点に終わる。

 三回表、ジャイアンツ打線が山井をとらえる。一死から坂本が左翼へのヒットで出塁すると、谷が左翼フェンス直撃の二塁打を放ち、一死二、三塁の先制のチャンスをつくる。ここで長野が右翼にはじき返す2点タイムリーヒットを放ち、ジャイアンツが先制に成功した。

 初回こそピンチを背負った杉内だったが、二回から六回まで中日打線をパーフェクトに抑え、中日に流れを渡さない。中でも、六回には中日打線を三者三振に抑える圧巻の投球を見せた。

 六回表、阿部、村田の連打で一死一、三塁とする。だがこの日6番で先発出場したボウカーが遊撃併殺打に打ち取られ、得点を加えることはできなかった。

 七回裏、杉内は二死から和田に四球を与え、6イニングぶりにランナーを背負ったが、後続を打ち取り反撃を許さない。

 八回表には3番手のソーサから二死一、三塁のチャンスをつくるが、村田が三振に倒れ無得点。

 7回を投げて中日打線を1安打に抑えてきた杉内だったが、八回裏、先頭の平田に左翼へソロ本塁打を浴びて、1点を返されてしまう。その後も谷繁、大島にヒットを浴び、一死一、三塁と同点のピンチを迎える。だが、杉内は続く荒木を三振、森野を三塁ゴロに抑え、最少失点で切り抜けた。

 九回表、この回からマウンドにあがった小林正から、加治前のヒットと小笠原の送りバントで一死二塁とする。さらに代わって登板した鈴木から高橋由が敬遠されて一死一、二塁となる。続く亀井は大島の好守に阻まれたが、坂本が左中間へ2点タイムリー二塁打を放ち、貴重な追加点を手にした。

 3点リードで迎えた九回裏。マウンドには守護神の西村があがる。一死から和田にヒットを許したが、続く井端を併殺打に打ち取り、試合終了。今季初のナゴヤドームでの一戦を勝利で飾った。


いうことなしの試合だったようです。
やっぱり投手が締まっていると試合も締まりますね。その流れで打線も気持ちよく打てるということなのかも。

でもでも、スコアブックを見ると下位打線にあたりが出ていませんねぇ。そうそうまんべんなく打てる試合も少ないのでしょうけど、なんか寂しいですね。特にガッツ…。

( ´ー`)y―┛~~

ということで、順序が逆になってしまいましたがナゴヤドームは1勝1敗。明日決戦ですね!
 


↓気が早い… と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 越智で勝利が落ちた? | トップページ | やっぱり中国人の常識ってのは計り知れませんな »

ジャイアンツ2012」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71882/54504586

この記事へのトラックバック一覧です: 鬼門のナゴヤドームでまず1勝♪:

« 越智で勝利が落ちた? | トップページ | やっぱり中国人の常識ってのは計り知れませんな »