« この状況下でパキスタンに観光旅行? | トップページ | 楽勝ムードが一転、なんとかかんとか引き分けに »

2012/04/10

どうしてこんにゃくゼリーはだめで、レバ刺しは自己責任になるのか?

こんにゃくゼリーはそれこそ食べる方の不注意が大きいと思いますが、レバ刺しは提供側の問題でしょう?
朝日新聞デジタル:天声人語 2012年4月8日(日)

朝日新聞デジタル:天声人語 2012年4月8日(日)

 2012年4月8日(日)付

 肉料理を書いてうならせる本は多い。近刊ではカナダの旅行作家、マーク・シャツカー氏の『ステーキ! 世界一の牛肉を探す旅』(中央公論新社)だろう。例えば神戸牛はこう描かれる

 ▼「牛肉ならではの甘くて木の実のような風味がしたものの、温かいバターでコーティングした絹糸よりもなめらかな食感と比べると、それすら付け足しみたいなもの」(野口深雪訳)。この幸せ、肉を焼くという手に気づいた先人のお陰である

 ▼アフリカ南部の洞窟で、100万年前の原人が肉を焼いた跡が見つかった。シャツカー氏の母校でもあるトロント大などのチームが古代の地層を調べ、狩りの獲物とみられる燃えた骨、草木の灰を確認したという

 ▼調理の証拠としては、従来の説を約30万年さかのぼるらしい。火の使用と、焼いて刻む「料理」の発明は、モグモグの作業を短縮し、食以外に回せる時間を生んだ。皆で炎と食料を囲む日常は、より進んだ集団生活をもたらしただろう

 ▼むろん加熱だけが進化ではなく、生(なま)を貴ぶ食習慣が各国に息づく。政府が法律で禁じるというレバ刺しの滋味は、火を通せば消えてしまう。そもそも食い道楽は自己責任を旨とすべきで、国の出る幕とも思えない

 ▼肉食はタブーと偏見に満ちている。食べる食べないに始まり、動物の序列や調理法は万別だ。だが〈味わいは議論の外にある〉ともいう。食の始末はまず、自分の舌と胃袋に任せたい。地球で一枚目のステーキを焼いた、無名の原人のように。


全力で焼肉屋さんを擁護しているとしか思えないですね。在日の皆さんが多数商売にしているからなのでしょうか?というような勘ぐりをしたくなりますね。

人が死ぬほどのものが付着していることがほぼ明白なのに、それを自己責任で食べたい奴は食べろというのは、国民を守るような対策は施さなくてもいいということになりますがねぇ。

それだったら食べる方の食べかたの問題がほぼ120%のこんにゃくゼリーなど、それこそ自己責任でしょう。それと、死亡者数という面ではお餅のほうが何倍どころか何十倍も多いはずですから、そっちをどうするの?という話も出てきそうですけど、そっちはなにも言われませんよね。

ま、そういうことでしょう。こういうマスコミの食べ物への報道とは、かなり恣意的な面があるということでしょう。
 


↓叩けば、あるいは擁護すれば何らかの利益があるということか と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« この状況下でパキスタンに観光旅行? | トップページ | 楽勝ムードが一転、なんとかかんとか引き分けに »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: どうしてこんにゃくゼリーはだめで、レバ刺しは自己責任になるのか?:

« この状況下でパキスタンに観光旅行? | トップページ | 楽勝ムードが一転、なんとかかんとか引き分けに »