« 【2012オープン戦:3/7】ほんまでっか?開幕投手が四人? | トップページ | なんと、竹島には50インチという世界最大の大砲が鎮座しているそうです »

2012/03/08

アップルが独占禁止法で訴えられそうになっているようです

もしそうならそういう契約になっているんでしょうから、調べれば一目瞭然でしょう
時事ドットコム:アップル、電子書籍で談合か=故ジョブズ氏が関与-米紙

時事ドットコム:アップル、電子書籍で談合か=故ジョブズ氏が関与-米紙

 【ニューヨーク時事】米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)は7日、米アップルと主要出版5社が電子書籍の価格つり上げで談合したとして、司法省が反トラスト法(独占禁止法)違反での提訴も辞さないと各社に警告したと報じた。現在は和解協議も行われているもよう。

 報道によれば、2010年のアップル初のタブレット型多機能携帯端末「iPad(アイパッド)」発売を前に、昨年死去したジョブズ最高経営責任者(CEO)は自ら、出版社側が書籍の価格を決め、アップルがその3割を受け取ることを提案。さらに、同じ本をこの価格より安くアップルの競合社に提供しないよう求めたという。

(2012/03/08-16:32)


日本は再販制度ってのがありますしねぇ。余計に出版社が決めた本の価格がリファレンスになっていたりしないでしょうか?

現在は和解協議も行われているもよう

ということは、この嫌疑は当たっていたということですよね。和解というか罰金でしょ?1兆円くらいならアップルにとっては屁でもないでしょう。オバマ政権が続く限り毎年1兆円の罰金を払い続けるなんてことはだめでしょうか?

少しは再選の目も出てきそうでは?w

アップルがその3割を受け取ることを提案

ほー。
アマゾンとは違ってえらい控えめじゃないですか。良心的なんですねw でも、フラッシュメモリが10GBくらいで1万円とかありえませんがねぇ。
 


↓まぁそういうもんだべ と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 【2012オープン戦:3/7】ほんまでっか?開幕投手が四人? | トップページ | なんと、竹島には50インチという世界最大の大砲が鎮座しているそうです »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アップルが独占禁止法で訴えられそうになっているようです:

« 【2012オープン戦:3/7】ほんまでっか?開幕投手が四人? | トップページ | なんと、竹島には50インチという世界最大の大砲が鎮座しているそうです »