« ダイビングって楽しそうですね。潜れれば、ですが | トップページ | ゼネコンが被災地の復興工事を落札しているとのことですが、できれば地元の建設会社にも発注をお願いしたいです »

2012/03/11

これはありがたいですね、ICT技術のいい活用例でしょう

震災の時には物流が車に限定される時期もありますし、車でどう行けるかってのは誰もが必要な情報です!
災害時にネットで使える道路情報、車大手が連携 : 経済ニュース : マネー・経済 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

災害時にネットで使える道路情報、車大手が連携 : 経済ニュース : マネー・経済 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 トヨタ自動車と日産自動車、ホンダの車大手やトラックなど最大8社が連携し、大災害が将来発生した際、被災地の道路情報を一般提供する。

 東日本大震災では、道路網が寸断され、混乱が広がったことから、各社が会員制のカーナビゲーションサービスなどで集めた情報を持ち寄り、通行できる道路の地図を作製し、インターネットで公開する。

 自動車や情報通信各社などでつくるNPO法人「ITSジャパン」が2012年度中に、各社の提供データを集約するシステムを構築する。カーナビ大手のパイオニアも参加するほか、いすゞ自動車などトラック4社も情報提供を検討している。

 自動車各社は会員制サービスとして、加入車の位置情報を集めて渋滞の状況を分析し、最新の道路情報としてカーナビに提供している。この仕組みを応用すれば、災害時に会員が実際に通行できた道路を把握することができる。

(2012年3月11日13時26分 読売新聞)


数年前の車のICT技術を活用する展示会でも、どこかのメーカーがこのような展示をしていました。ナビのログ情報をセンターにアップしているので、その軌跡をまとめればいつどこが走れたかは一目瞭然ということでしたが、これは本当にいい技術ですね。

問題はそこに集中して本当に必要な車両が走れないということが発生しないかということですね。発表する際には、緊急車両が最優先だということとか、一般車両の道、緊急車両の道ということで分けて公開するとか、そういう配慮が出来ればなおいいでしょうね。
 


↓それとガソリンだよなぁ と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« ダイビングって楽しそうですね。潜れれば、ですが | トップページ | ゼネコンが被災地の復興工事を落札しているとのことですが、できれば地元の建設会社にも発注をお願いしたいです »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

東北大地震」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: これはありがたいですね、ICT技術のいい活用例でしょう:

« ダイビングって楽しそうですね。潜れれば、ですが | トップページ | ゼネコンが被災地の復興工事を落札しているとのことですが、できれば地元の建設会社にも発注をお願いしたいです »