« 生活保護は抜本的な改革が必要でしょう | トップページ | 日本に住んでいる限り、日本の敵になってはいけない! »

2012/03/17

【2012オープン戦:3/17】ホールトンはほうれるん?

よかった、ほうれたんですね♪
Yomiuri Giants Official Web Site: 3月17日 対西 武3回戦・西武ドーム

Yomiuri Giants Official Web Site: 3月17日 対西 武3回戦・西武ドーム

投打がかみ合い、西武に快勝

 西武ドームで行われた埼玉西武ライオンズとのオープン戦3試合目は、五回に高橋由が2点タイムリー二塁打を放ち、巨人が先制した。六回には2番手の辻内が1点を失ったが、九回に仲澤が貴重な2点タイムリーヒットを放ち、リードを3点に広げた。最後は西村が三者凡退で試合を締め、4対1で勝利した。

 初回、先頭の坂本が右翼へのヒットで出塁するが、二番に入った隠善が併殺打に倒れ、この回は先制することができなかった。

 三回、先頭の高橋由が右翼線へ二塁打を放ち出塁したが、寺内の打席で高橋由がキャッチャーからのけん制でアウトとなり、ここもチャンスを生かすことができない。

 しかし五回、先頭の阿部がヒットを放ち、長野はきっちりと送りバントを決める。続く小笠原は四球を選び、一死一、二塁。ここで打席に立った高橋由が2打席連続となる二塁打を左中間へ放ち、2点を先制した。

 その裏、西武打線を無安打に抑えていた先発のホールトンが、二死から炭谷に右中間への二塁打を浴びる。続く星秀の打席に暴投で二死三塁となったが、ホールトンが星秀を右翼フライに打ち取り、ピンチを切り抜けた。ホールトンは5回1安打無失点という好投を見せ、マウンドを降りた。

 六回、ボウカーが二塁打、村田がヒットを放ちチャンスを迎えたが、走塁ミスなどで点を加えることができない。

 その裏、2番手として7年目の左腕・辻内がマウンドにあがる。2本のヒットなどで一死一、三塁のピンチを背負うと、中村の投ゴロの間にランナーが生還し、1点を失った。

 七回にはロメロ、八回には越智が登板。西武打線を無失点に抑え、1点リードのまま最終回を迎える。

 九回、先頭の加藤の四球、高口の送りバントで二死二塁と突き放すチャンスをつくる。さらに制球の定まらないウィリアムスから谷と寺内が四球を選び二死満塁。ここで途中出場の仲澤が中堅へ2点タイムリーヒットを放ち、貴重な追加点をあげた。

 その裏、マウンドに上がった西村は相手のクリーンナップを三者凡退に打ち取って試合終了。4対1で勝利した。


天才が好調でしたね。ボウカーもよかったですし。

それよりも、今日の収穫は辻内がなんとか一軍で投げられたということでしょう。7年目ですか、早いですねぇ。高校の時には150Km/hを投げていましたは、最近はどうなんでしょうか?速いだけでは通用しないとはいえ、速いに越したことはないですよね。まぁ、遅い弾でも打ち取れる見本の人が同じチームにいますけどね。

( ´ー`)y―┛~~

走塁ミスはイカンですね。守備のエラーとともに、極限までなくすことができる、なくすように努力すれば結果は必ずついてくることですから、今のうちに何とかして欲しいです。

さーて、明日はマリン球場で今季初めての観戦です。天気は曇で寒そうですが、熱戦を期待しています!
 


↓寒空で投手戦では… と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 生活保護は抜本的な改革が必要でしょう | トップページ | 日本に住んでいる限り、日本の敵になってはいけない! »

ジャイアンツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【2012オープン戦:3/17】ホールトンはほうれるん?:

« 生活保護は抜本的な改革が必要でしょう | トップページ | 日本に住んでいる限り、日本の敵になってはいけない! »