« 錬金術とはこういうことをいうのかね?痴漢といい、これといい、言うだけでいいんですから楽ですよね? | トップページ | 春闘がそろそろ妥結しそうですが、会社や業界の違いが鮮明ですね »

2012/03/13

【2012オープン戦:3/13】澤村よ、お前もか…

まぁ、一喜一憂してもしようがないんですけど、澤村よりも重症なのが打線ですよね
Yomiuri Giants Official Web Site: 3月13日 対オリックス1回戦・京セラドーム

Yomiuri Giants Official Web Site: 3月13日 対オリックス1回戦・京セラドーム

澤村4失点、打線振るわず追撃ならず

 オリックスバッファローズとのオープン戦第1回戦は、敵地・京セラドームで行われた。三回に先発の澤村が味方のミスから三点を献上すると、五回にも1点を奪われ、計4失点。援護したい打線だったが、八回に阿部のヒットなどで二死一、三塁とチャンスを作るも、続く坂本が凡退。結局、相手4投手の継投の前に散発4安打に抑えられた。

 先発の澤村は一回、三者連続三振に抑える最高の立ち上がりを見せる。一方、先制したい打線は、オリックス先発のマクレーンに三回まで完璧に抑えられる。

 一、二回と好投した澤村だったが、転機が訪れたのは三回だった。打ち取ったかに見えた齋藤の打球だったが、坂本とボウカーがお見合いして不運な二塁打となり、一死二塁。続く駿太には中堅に適時打を浴び、あっさり先制点を奪われる。さらに大引にも中堅にヒットを浴びて二死一、三塁とチャンスを広げられる。続く後藤には右翼越えにタイムリー二塁打を浴びて2点目を献上。すると、李大浩の打席で阿部が後逸。バッテリーエラーで3点目を与えてしまう。

 円陣を組んで臨んだ打線は四回、小笠原がこの試合初ヒットで出塁すると、阿部が四球でチャンスを広げる。しかし、大田が右翼フライに倒れ、追撃できない。

 どうにか抑えたい澤村だったが、五回にも坂口にヒットを浴びると、山崎には左翼越えに二塁打を許し、一塁走者が一気にホームイン、4点目を与えた。

 澤村は六回はランナーを出しながらも無失点に抑え、結局六回4失点でマウンド降りる。

 何とかオリックス投手陣を捕らえたい打線だったが、六、七回と三者凡退に倒れ、チャンスを作れない。

 七回からマウンドに上がった越智は、三振を含む、三者凡退に抑え、マウンドを降りる。

 好投した越智を援護したい打線はその裏の八回、阿部のこの日チーム2本目となるヒットでチャンスを作ると、高橋由がヒットで続き、二死二、三塁とチャンスを広げる。しかし続く坂本が二塁フライに倒れ、このチャンスを物にできない。

 三番手のマウンドには西村が上がり、三者凡退で最終回に望みをつなぐ。

 九回、寺内の代打・隠善がヒットで出塁するも、ボウカーが一塁ライナーに終わり、走者なし。最後は長野が空振り三振に倒れ、0-4で敗れた。


澤村以外の投手は抑えていますからいいとしても、他がねぇ。バッテリーエラーも余計でした。澤村はあとはコントロールなんでしょうね。体を改造したようですから、それにまだフォームが整っていないのでしょう。あと2週間ありますから、しっかりしてくれるでしょう(汗

それと、粘りもなくてはね。ランナーを出しても失点しないことから打線との信頼も生まれるわけでしょうから。

( ´ー`)y―┛~~

しかし勝てませんねぇ。いくらオープン戦とはいえ、強いチームは勝つのでは?DeNAが好調ですけど…。少しだけ、ファンとして焦りが…(汗
 


↓ちょ、調整中なんだよ… と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 錬金術とはこういうことをいうのかね?痴漢といい、これといい、言うだけでいいんですから楽ですよね? | トップページ | 春闘がそろそろ妥結しそうですが、会社や業界の違いが鮮明ですね »

ジャイアンツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【2012オープン戦:3/13】澤村よ、お前もか…:

« 錬金術とはこういうことをいうのかね?痴漢といい、これといい、言うだけでいいんですから楽ですよね? | トップページ | 春闘がそろそろ妥結しそうですが、会社や業界の違いが鮮明ですね »