« 中凶、結構必死ですか? | トップページ | 日本はすでに226の自治体が住民投票権を永住外国人に付与って? »

2012/02/27

電子書籍業界、これで勝負あった!になるの?

強力すぎませんか?
朝日新聞デジタル:本の電子化、100万点目標 出版界が4月に新会社 - ビジネス・経済

朝日新聞デジタル:本の電子化、100万点目標 出版界が4月に新会社 - ビジネス・経済

 国内の出版業界が連携し、出版物の電子化を一括して請け負う新会社「出版デジタル機構」を4月2日に立ち上げることが固まった。ふだんはライバル関係にある講談社、小学館、集英社の大手3社を中心に複数社が計約12億円を出資する前例のない形で、書籍100万点の電子化をめざす。大日本印刷と凸版印刷にも各5億円の出資を求めている。出資総額は20億円規模になり、さらに上積みされる見通し。3月に正式決定する。

 設立には180の出版社が賛同。社長に就任予定の植村八潮・東京電機大出版局長は「許諾さえとれれば、すべての本を機構で扱う」と話す。日本の電子書籍は約20万点だが、大半が携帯向けのコミックなど。機構が軌道に乗れば、読者が一般の本を電子書籍の形で手にとりやすくなる。日本市場に参入準備を進める外資企業にも、要望があれば電子データを提供する。

 機構がめざすのは、中小出版社でも電子化ができるインフラ整備だ。出版社は機構に書籍を提供するだけでよく、初期費用はゼロ。機構は、出版社と流通側の間に立ち、電子化して保管したデータを電子取り次ぎ(流通会社)や電子書店に卸売りする。一括請け負いで全体のコストダウンも図る。出版社がまとまることで、外資企業との対等な交渉もしやすくなりそうだ。電子書籍の値崩れを防ぐとともに、中小の多様な出版物を電子化して市場の成長につなげたい考えだ。今年前半には本格的に始動する。


ああ、なるほど。
書籍サイトを作るってんじゃなくて、電子化とその取次を請け負うってことね。

出版社は機構に書籍を提供するだけでよく、初期費用はゼロ

うん、そのための環境整備その他は不要として、どれだけ中抜きされるのか?しかも取次もしてもらうとなれば、結構実入りは少なくなりそうな感じですね。

中小出版社が一番課題になっているのは、そのコンテンツの電子化のところでしょう。それとDRMとビューア環境。っていうか、そうなると配信以外全部かw

電子化はPDFでもいいかとなればできないこともないけど、DRMは結構難しいような。

( ´ー`)y―┛~~

というか、そもそもDRMの課題は「出版デジタル機構」でも同じですね。どうするんだろ。ビューアも。

( ´ー`)y―┛~~

電子書籍に求めるのはDRMはしようがないとしても、新刊が直ぐに同時に出るようにして欲しいことと、あと値段ですね。少なくとも半額でしょう。ブックオフに対抗できるような値段にならなければなかなかねぇ…。
 


↓そうなったら紙市場が… と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 中凶、結構必死ですか? | トップページ | 日本はすでに226の自治体が住民投票権を永住外国人に付与って? »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 電子書籍業界、これで勝負あった!になるの?:

« 中凶、結構必死ですか? | トップページ | 日本はすでに226の自治体が住民投票権を永住外国人に付与って? »