« こんな生ぬるいことを言っても通用するような相手ではありません | トップページ | いくら韓国領事館の保証があっても、それを信用して釈放とかありえません »

2012/02/20

鬼畜は殺さないと禍根を残すでしょう

ついに鬼畜に死刑判決が出ましたね。さっさと最高裁が死刑判決を出せばよかったのに。

で、気になった報道を2つご紹介します。

一つ目はこれです
【光市母子殺害】「殺意はなかった」「批判を受けないように判決を」 大月被告が判決前、接見の弁護士らに語る+(1/2ページ) - MSN産経ニュース

【光市母子殺害】「殺意はなかった」「批判を受けないように判決を」 大月被告が判決前、接見の弁護士らに語る+(1/2ページ) - MSN産経ニュース

 2012.2.20 16:54 (1/2ページ)[光市母子殺害事件]

 大月孝行被告は、どのような生活を送っているのか。判決前に広島拘置所で面会した弁護士やジャーナリストらによると、遺族の本村洋さんには「おわびしたい」と謝罪の言葉を述べる一方で、判決の内容に話題が及ぶと、「殺意はなかった」と強い口調で訴えかけるという。

 差し戻し控訴審の途中まで弁護人を務めた今枝仁弁護士は、先週も接見。「本人は元気。たくましく、強くなった感じがした」と語り、20日の判決を目前に控えても特に変わった様子はなかったという。接見の中では、大月被告が自身への判決を「(死刑選択の基準となった)永山基準のように、今後の基準になるかもしれない。後で批判を受けないよう、しっかりとした判決を書いてほしい」と客観的に語ることもあった。

 また、ジャーナリストの門田隆将さんは死刑とした差し戻し控訴審判決の直後から、6、7回にわたって被告と面会を続けてきた。

 「胸のつかえが下りました」。差し戻し控訴審判決直後に初めて面会した際、大月被告はこう語り、穏やかな表情を見せたという。

 最後の面会となった昨年6月の際には「なかなか理解してもらえないが、死刑で償いたいという気持ちと、しかし、それだけでいいのかという気持ちがある。僕自身も揺れている」と複雑な心境を吐露。また、東日本大震災にも触れて「こういう中でも、私は(拘置所にいて)食べていける。生きているだけでも感謝しないといけないと思う」と命の尊さをかみしめている様子だったという。

-- 後略 --


今更なにを言っているんでしょうか。いざ死刑になりそうに成ったら殊勝そうなふりをしているだけ。今までの経緯を見ればそうとしか思えないでしょう。鬼畜でも死ぬまでは生きていられる、理不尽な世の中です。無辜の母子を自分の欲望のままに殺して陵辱するような鬼畜には生きている資格などはありません。そんな感謝をされる神様も困るでしょう?鬼畜でも人を殺していないのなら、まだ生きる資格は残っているかもしれませんけどね。

で、こちら弁護団は未だに意味不明な供述をしていたようですね
【光市母子殺害】上告棄却は「極めて不当」「虚偽の自白に依拠し判断誤った」 弁護団が声明 - MSN産経ニュース

【光市母子殺害】上告棄却は「極めて不当」「虚偽の自白に依拠し判断誤った」 弁護団が声明 - MSN産経ニュース

 2012.2.20 18:17 [光市母子殺害事件]

 大月孝行被告の弁護団は20日、上告を棄却した最高裁判決について「極めて不当」とする声明を出した。

 弁護団は声明で「捜査段階で作成された虚偽の自白に依拠し、判断を誤った」と指摘。「反省の日々を送っている(被告の)姿勢に目を向けようとせず、更正の可能性を否定した」と非難した。

 また、大月被告が犯行当時「虐待によって成長が阻害され、実質的に18歳未満の少年だった」ことなどを理由とし「未成熟な少年に死刑を科すことはできない」と訴えている。


実質的に18歳未満の少年だった

なんじゃこりゃ?実質的にって?何がどうなっているから実質的に18歳未満だったのか、証明してもらいたいものです。この理由で何日未熟、この理由では1週間の未熟、あれこれあれこれ足すと実質的には18歳未満だったっていう検証して欲しいですねぇ。聞きたかないけどw

ってか、この論法でいいのなら各種法令などの年齢制限は何の意味もありませんよね。

■俺は身長180cmあるからもう実質的に成人だ
■俺は中学生だけどIQ120あるから実質的に成人だ
■俺は精通があったからもう実質的に成人だ
■俺は働いて年収300万円あるから実質的に成人だ

この弁護士はこう言われればどう返すんでしょう?
 


↓金になりそうなら弁護を引き受けるだけw と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« こんな生ぬるいことを言っても通用するような相手ではありません | トップページ | いくら韓国領事館の保証があっても、それを信用して釈放とかありえません »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鬼畜は殺さないと禍根を残すでしょう:

» 光市母子殺害犯・福田孝行「死刑確定」 ドラえもん、魔界転生 [世事熟視〜コソダチP]
光市母子殺害事件の犯人・福田孝行(大月孝行:現在30歳)は、本村弥生さん(当時23)を絞殺後に乱暴し、さらに当時、生後11カ月だった夕夏ちゃんも首を絞め殺害した。 福田孝行は、獄中から友人にあてた手紙で「犬がある日かわいい犬と出会った。そのままやっちゃった。これは罪でしょうか」と強姦を正当化。 弥生さんを殺害後に暴行したことについて、山田風太郎の『魔界転生』にある「復活の儀式」だとか、夕夏ちゃんを「押し入れに入れたら、ドラえもんが何とかしてくれると思っていた」などと供述・・・。 ... [続きを読む]

受信: 2012/02/21 13:00

» ようやく死刑確定 [FREE TIME]
1999年に当時18歳だった人間が、親子2人を殺害した「光市親子殺人事件」。 2008年4月に死刑が求刑されてから約4年。 最高裁は被告の上告を棄却し、ようやく死刑が確定しました。 [続きを読む]

受信: 2012/02/21 22:11

« こんな生ぬるいことを言っても通用するような相手ではありません | トップページ | いくら韓国領事館の保証があっても、それを信用して釈放とかありえません »