« 女性用のタブレットとは視点は新しいものの… | トップページ | つぶやきを信用していいものかどうか »

2012/02/19

【2012オープン戦:2/18】打線はまぁまぁとしても、投手陣大丈夫ですか?

男村田はさすがというべきでしょう、坂本もよかったようです。でも、一番嬉しかったのは松本の復活ですね♪
Yomiuri Giants Official Web Site: 2月18日 対広 島1回戦・宮崎サンマリン

Yomiuri Giants Official Web Site: 2月18日 対広 島1回戦・宮崎サンマリン

 宮崎で広島東洋カープとのオープン戦初戦。先発・東野の好投、新加入の村田の先制打といい流れを作った巨人だったが、四回表に岩本の適時二塁打などで逆転されると、終盤のチャンスを生かせず敗れた。

 先発を任されたのは、去年の開幕投手・東野。一、二回を三者凡退という完璧な投球を見せ、先発ローテーション入りへ大きくアピールした。

 一回裏、巨人は新外国人のボウカーが右中間への三塁打でチャンスをつくると、FAで加入した村田が中堅前にタイムリー。期待の新戦力が前評判通りの活躍を見せ、幸先良く先制した。

 2番手でマウンドに上がった金刃は連打を浴びたが、続く東出を併殺打に仕留め、無失点に抑えた。しかし四回表、梵に四球を与えると栗原に左翼線へ同点適時二塁打を許してしまう。その後、一死満塁とさらにピンチを招くと、岩本に中堅越えの3点適時二塁打を浴び、勝ち越されてしまった。

 直後の四回裏。先頭の村田が左翼へ移籍後初アーチを放ち、2対4と追い上げる。

 しかし、五回表に3番手の小野が二死から松山に適時二塁打を浴び、再び点差を広げられてしまう。小野は六回にも土生、岩本に連打を許したが、後続を打ち取り得点は与えない。

 反撃したい巨人は六回裏。阿部が敵失で出塁すると村田が猛打賞となる右前打で無死一、二塁のチャンスをつくる。しかし、続く石井、大田、藤村が倒れ、無得点に終わった。

 七、八回と両チームとも走者を出しながらも得点なく迎えた九回表。4番手の星野が2本の安打と四球で満塁のピンチを招くと、松山、迎に連続適時打を浴び、3点を追加された。

 その裏、先頭の藤村が失策で出塁。二死二塁となり途中出場の松本哲がしぶとく右翼前にタイムリー。しかし、続く矢野が空振り三振に倒れ、試合終了となった。


なんか、東野以外の投手はぼろぼろの印象です。三人で四死球を6つも出しているようではねぇ ┐(´ー`)┌ この時期は挑戦・アピールが大事なのに、なぜに四死球?しかも、今の時期はまだまだ打者の調整が進んでいないから投手が有利なのに。

こりゃー本当に宮国一軍で誰か落ちることになるのかも。
 


↓まぁ、1試合目だしと思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 女性用のタブレットとは視点は新しいものの… | トップページ | つぶやきを信用していいものかどうか »

ジャイアンツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【2012オープン戦:2/18】打線はまぁまぁとしても、投手陣大丈夫ですか?:

« 女性用のタブレットとは視点は新しいものの… | トップページ | つぶやきを信用していいものかどうか »